SCORE CARDBACK NUMBER

各団体の苦渋の決断と
プロレスが示した強さ。
~みちプロの面々はへこたれない~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2011/04/16 08:00

各団体の苦渋の決断とプロレスが示した強さ。~みちプロの面々はへこたれない~<Number Web> photograph by Masashi Hara

 大震災は、首都圏のプロレス興行も直撃した。中止または延期か、それとも、予定通り開催か。両国国技館大会を目前にしていた2つの団体は、ギリギリの決断を迫られた。

 前者を選択したのは、若い女性に人気のドラゴンゲート。大会は3月20日に予定されていたが、岡村隆志社長が16日、ファックスで「お客さんの安全を優先して中止します」と発表した。後者を選択したのは、翌21日に開催予定だった全日本。武藤敬司社長が「チームワークでプロレスの一生懸命さを伝えたい」と、非難覚悟で開催を決め、電源車を用意するなど、最大限節電に努めて興行を打った。正しいか否か、正解などある筈もない。どちらも苦渋の選択だった。

 全日本が開催に踏み切ったのは、彼らがあの大地震に遭遇した状況も影響していた。地震発生時、シリーズ巡業中の選手移動用バスは、宮城・石巻大会に向かって仙台の高速道路を走行中だったのだ。彼らは間一髪で難を逃れ、被害と惨状を目の当たりにしたのである。

ザ・グレート・サスケも避難生活を余議なくされ……。

「がんばれ! 東北!!」をテーマにした両国大会は、異様な熱気に包まれ、大成功(主催者発表の観客8000人)。3冠ヘビー級王者の諏訪魔がKENSOを必殺のラストライドでKO、3度目の防衛に成功すると、湯気の立つ体のままでスタッフと一緒に玄関口に立ち、家路につくお客さんの前で義援金を募る姿があった。

 大地震の直撃をモロに受けたのが、岩手・盛岡を本拠とするみちのくプロレスだった。予定していたイベントはすべて中止に追い込まれ、ザ・グレート・サスケはじめスタッフも避難生活を余儀なくされた。ド演歌歌手キャラが売り物の気仙沼二郎は、宮城・気仙沼出身。家族との連絡は取れたものの、友人や知人の安否はわからず、未だにショックから立ち直れないでいる。

 それでもみちプロ一行は、震災前から予定していた23日の長崎・島原大会から28日の鹿児島・鹿屋大会までの九州6連戦を決行。「プロレスをやることで少しでも復興に役立てれば……」と、九州の全会場で募金活動を行なった。みちのくの面々はへこたれない。この打たれ強さこそ、プロレスの持つ底力だ。「がんばれ、東北!」は、間もなく桜の季節を迎える。

■関連コラム► 「熾烈な興行合戦」が続く “異常事態”を打開せよ。~プロレス界の共存共栄のために~
► 新春に夢も膨らむ、期待のホープの初暴れ。~プロレスを熱くする怪力コンビ~

関連キーワード
全日本プロレス

ページトップ