SCORE CARDBACK NUMBER

ボルグからフェデラーへ。
受け継がれた偉大な歴史。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2007/07/26 00:00

ボルグからフェデラーへ。受け継がれた偉大な歴史。<Number Web> photograph by Mannys Photography

 貴賓席に座っていたビヨン・ボルグは、目の前でロジャー・フェデラーの5連覇をしっかりと見届けた。ウィンブルドン男子決勝。フェデラーと全仏覇者のラファエル・ナダルは、ともにボルグの偉大な記録に挑んでいた。5連覇は'76〜'80年のボルグ以来。ナダルが目指した全仏、ウィンブルドンを同年に制するのも、'78~'80年のボルグ以来だった。表彰式が終わると、ボルグはフェデラーを抱きしめた。「彼なら6連覇でも7連覇でもできる」。偉大な選手同士が、テニスの歴史で結ばれた。

 '68年、プロに門戸を開放したテニス界は、テニスをメジャースポーツにのし上げるスターを欲していた。そこに颯爽と現れたのが、金髪をなびかせ、彫りの深いマスクのスウェーデンから来た青年だった。'73年全仏で4大大会デビュー。当時16歳のボルグは、翌年の全仏で4大大会に初優勝すると、瞬く間にスターダムにのし上がった。動く広告塔とは、彼のための言葉だった。長髪を留めるヘアバンドひとつにもスポンサーがつき、ラケットは欧州と米国でメーカーを使い分けた。ボルグ見たさに観客が殺到し、テレビの視聴率もうなぎ登り。テニス界全体が、ボルグの影響で潤った。

 テニス技術にも大きなインパクトを与えた。両手打ちバックの元祖であり、ナダルらが放つボールに順回転をかける強烈なトップスピンを主流にしたのもボルグだった。当時としては斬新な技術で、6度の全仏、5度のウィンブルドンを制した。そのボルグにも弱点はあった。サーブとネットプレーだ。しかし、球脚が速く、サーブやネットが有効な芝のウィンブルドンでなぜか強かった。統計を見ると、'76〜'80年は雨が少なかったことに気づく。5年間のうち'76、'77年は一滴の雨も降っていない。'79年は初日に雨が降っただけだ。芝のコートは乾燥し剥げてくると、下地の土が露出し、ハードコートに近くなる。自然と球脚は遅くなり、ボルグは武器のストロークで勝負できたというわけだ。

 引退後は、離婚、破産など数奇な運命を歩んだ。金に困って、ウィンブルドンの優勝カップを売ろうとした。しかし、彼が築いたテニス界の歴史は色あせることなく、今年、しっかりとフェデラーに受け継がれた。

関連キーワード
ロジャー・フェデラー

ページトップ