SCORE CARDBACK NUMBER

世代交代がすすむキック界の「現在」。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2006/12/07 00:00

世代交代がすすむキック界の「現在」。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 キックボクシングで激闘を続けて15年、“野良犬”小林聡(藤原)が引退を発表した。11月12日、東京・後楽園ホールで行われた“ムエタイ四冠王”ジャルンチャイとの大一番で完敗を喫した後、マイクを握るや、「今日の試合を最後と決めてリングに上がりました」と発言。その後は無言のままで会場をあとにした。

 事前にそのようなムードは全くなかったため、通路にまであふれていた大観衆は唖然。何も聞かされていなかった小林のセコンドも声を失なうしかなかった。大声でわめきながら姿を消す野良犬なんていない。自分の散り際を周囲に悟らせず、ファンの関心を試合にだけ集中させた姿勢は勝負師としての理想に思えてならなかった。団体や所属ジムを問わず、小林が下の世代から慕われ続けたのもわかる気がした。

 去る者がいれば、帰ってきた者もいる。昨年1月の直接対決で小林をKOしながら腰痛のせいで長らく戦列を離れていた“爆腕”大月晴明(AJ)が1年10カ月ぶりに国内復帰を果たした。対戦相手が守りに徹したため判定勝ちに終わったものの、動きはまずまず。爆弾を抱えていたはずの腰にも不安はなさそうだ。大月らしい豪快なKO劇は来年1月4日の新春興行第1弾か2月下旬に予定されている全日本キックのタイ遠征まで待つしかない。

 ちなみに小林と大月の年齢差はわずか2歳。しかしながら戦績数は小林が大月より約3・5倍も消化しているから世代は明らかに違う。また今年になってから急成長を遂げ、キャリア9戦めで全日本ウェルター級王座を奪取、11戦めでキックの世界王座より権威があるといわれるタイのラジャダムナンスタジアムが認定するウェルター級のランキング入り(8位)を果たした“ハマの太陽”こと大輝(JMC横浜)は大月よりさらに下の世代だ。

 この日はラジャ同級のゲーンカートをキックボクシングのみならず一発打たれたら必ず打ち返すムエタイ的な攻防でも圧倒して文句なしの判定勝ちを収めた。これで大輝のランキングアップは確実。早ければ、来年上半期にも王座に挑むことになるだろう。

 小林がデビューした時、大輝は7歳。近い将来、キック界を背負って立つ逸材は、上の世代の「現在」に何を感じただろうか。

■関連コラム► コスプレで入場するキックボクサー、自演乙。 (2009年1月29日)
► K-1に背を向けた男、“野良犬”小林聡の引退。 (2007年4月5日)

ページトップ