SCORE CARDBACK NUMBER

春の借りを返したワセダ。今年の秋はおもしろい。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2006/09/14 00:00

春の借りを返したワセダ。今年の秋はおもしろい。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 「ナイスゲームだ! お前らはまだまだ伸びるぞ!」

 高原の澄んだ空気に叫び声が響いた。8月20日、長野県菅平で行われた早大×関東学院大恒例の夏の陣。過去5年間は春を制した側が夏も勝ち、そのまま冬の本番でも勝つという法則が続いていたが、今季は異変。春に3対20で完敗を喫した早大が、夏は15対5で雪辱したのだ。

 歓喜の輪の中心にいたのは中竹竜二。33歳の早大新監督である。前任者は、5年間の在任中すべて対抗戦に全勝優勝、大学選手権ではすべて決勝に進み3度の優勝を飾った清宮克幸。カリスマ指導者の後継が辛いのは、どの世界でも同じ。しかもいきなり『春早関』の完敗だ。8月、中竹監督は夏合宿中の試合では異例とも言える「結果」への執着を見せた。

 選手への指示は「今日負けたら今シーズンが終わりだと思え。その恐怖と戦え」。早大の2トライを1人で稼いだSH矢富勇毅は、夏合宿初日に両足首を捻挫したが「またカントーに負けたらシーズンが終わる」危機感で復帰。春の反省を込めて負荷を高めた猛練習に挑んだ。「合言葉は『日本一の練習をしよう』。それを毎日確認してます。その自信があったから、恐怖心を乗り越えられた」。中竹監督自身「春の負けで、逆に迷いがなくなった」とプラスに受け止めている。

 「ポスト清宮」時代の到来を歓迎しているのは他校も同じだ。関東の春口廣監督も「春に勝ったあと、ウチは何もしてこなかったけど点差は5対15。まだ十分差を縮められるよ、合計しても25対18でまだ勝ってる」と妙な計算を披露しながら納得顔。春の招待試合で早大を破った慶大は、菅平の再戦でも最後に逆転負けしたものの26対34の接戦。しかも早大は、春に欠場した今村雄太、矢富、曽我部佳憲、五郎丸歩のジャパン勢揃い踏みで臨み、逆に慶大はエース山田章仁を欠いていた。松永敏宏監督が「収穫はあった。学生も『今年はチャンス』と感じただろうし、私も何となくワクワクしてます」と上機嫌なのも理解できよう。

 追われる早大は昨季までのパワーから速さへ戦法の軸をシフト。「このテンポでボールを動かせたらホントに凄くなる。練習でもその片鱗は感じます」と矢富。行方が読めない大学戦線。今年は久々に、秋が面白くなりそうだ。

ページトップ