SCORE CARDBACK NUMBER

追悼・加藤博一。愛された男の一生。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/02/14 00:00

 横浜ベイスターズがまだ大洋ホエールズと呼ばれていたころの話だ。港町・横浜にちなんで、私設応援団は外野スタンドにドラを持ち込んでいた。ドラに合わせ『蒲田行進曲』が流れると、パンチパーマの男が登場する。男は「ひろかずぅー」という大声援が3度コールされるのを待って打席に立つ──。

 明るい性格といぶし銀のプレーでハマの人気者だった加藤博一。1月21日、肺がんのため永眠した。

 '70年、佐賀の多久工高からテスト生として西鉄ライオンズに入団し、'76年に阪神に移籍した後、'83年から大洋でプレー。通算2割7分1厘、23本塁打という記録は、はっきり言ってたいした成績ではない。しかし、ファンの記憶に残る特別な存在感があった。

 選手たちからの人望も厚かった。松井稼頭央が西武入団2年目に東尾修監督の指令でスイッチヒッターに転向したとき、「俺もスイッチにしたおかげで生き延びたんだ」と、自らの経験を踏まえ、親身になって相談に乗る姿を覚えている。清原和博も佐々木主浩も、「博一さん、博一さん」と兄貴のように慕っていた。

 勝負強くもあった。プロ入り10年目の初本塁打は、新人時代の江川から打ったもの。翌'80年も江川から3割9分3厘、2本塁打を打ち、「怪物キラー」と呼ばれた。現役時代はいつも「目をつぶってイチ、ニ、サンで打っただけ」と冗談めかして語っていたが、引退後、偶然アメリカ帰りの飛行機で一緒になったとき、初めて本当のことを教えてくれた。

 「グラブのなかの人差し指と中指の動きがストレートとカーブで違ったから」

 お笑いキャラだけじゃない、その観察眼の鋭さが選手生命を支えたのである。

 加藤がふたたび輝くのは、'85年に高木豊、屋鋪要とともに「スーパーカートリオ」を組んでからだ。1チーム3人の選手が40盗塁以上を記録したのは、後にも先にもこのときだけである。加藤の棺は、高木、屋鋪のふたりによってかつぎあげられた。

 病に苦しみながらも、最近まで後進の指導をしたがっていたという。優秀な若手が育ってはいるが、いまひとつ乗り切れないいまの横浜には、加藤のようなキャラクターが必要だった。56歳の早すぎる死だった。

関連キーワード
高木豊
屋鋪要
横浜ベイスターズ
スーパーカートリオ

ページトップ