SCORE CARDBACK NUMBER

五輪を契機にアマは現状からの脱却を。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/08/26 00:00

 アテネ五輪たけなわだが、ボクシング・ファンは楽しめない。憂鬱な思いで五輪が終わるのを待っている関係者も少なくないのではなかろうか。

 日本からはL・フライ級の五十嵐俊幸(東京農業大学)1人のみ出場しているが、これは“ワイルド・カード”で手にした代表枠。パキスタン選手の欠場により代わって出場資格が転がり込んだものと聞く。五十嵐選手にはこの僥倖を精一杯生かしてもらいたいが、自力出場がゼロだったという事実は深刻に受け止めるべきである。3度のアジア予選でのべ24選手を送りながら、誰1人として出場資格を得られる決勝戦に残れなかったのはなぜか。アジア圏のボクシングの盛んな国からは、韓国7、タイ6、フィリピン4、新興の中国でさえ6名が出場しているのだから、日本の「自力出場ゼロ」は屈辱的である。東京五輪で桜井孝雄が日本人ボクサーとして最初で最後の五輪金メダルを手にしてから40周年の記念すべき年にこの体たらく。

 長年の不振の理由はヤマほどあるが、極論すれば日本のアマ選手のほとんどが世界のトップレベルを把握せずに戦っていることが一番の問題である。もちろん選手に責任はない。連盟のトップに世界情報の収集能力がないか、あっても指導現場にしっかりと行き届いていないかのどちらかだろう。日本の選手を世界のレベルに近づけるために、どんな努力を払ってきたというのか。

 一方で関係者からは「国内でのまともな代表選考試合をやっていない」という不満の声も聞く。連盟は選手個々の実力を把握しているのだろうが、なんなら3度のアジア予選ごとに代表選考試合をやったってよかった。これで決めれば誰もが納得するだろう。

 またアマ・プロ交流が盛んな近年の風潮に逆行するかのように、ボクシングではプロを異質なものとして排除しようとする。このような意識を改め、アマのレベルアップのために貪欲にプロを利用してもいいではないか。プロに転向した元アマ王者のOBらに対しても冷たすぎる。桜井氏はじめ3人の五輪メダリストはアマチュアの誇りでもある。彼らを招いて後輩のためにアドバイスを頼んだっていいはず。日本のアマチュアボクシングが強くなるためには、選手以前に指導陣の意識が変わる必要がある。

ページトップ