野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

巨人ファンを襲った開幕騒動。
それでも揺るがぬ“ジャイアンツ愛”。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/04/03 08:00

巨人ファンを襲った開幕騒動。それでも揺るがぬ“ジャイアンツ愛”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

3月23日(水)にホーム・スタジアムである東京ドームの最寄り駅・JR水道橋駅で募金活動をした巨人の選手会。参加メンバーは久保、澤村、東野、越智、内海、山口、阿部、小笠原、ラミレス、坂本、長野、亀井、鈴木、高橋由、松本の総勢15人だった

 友人が「巨人ファンを辞める」と言いだした。

 巨人ひと筋30年。「俺の心臓にはGの文字が刻まれ、体内にはオレンジの血が流れている」とまで言い切っていた熱狂的巨人ファンである彼から、そんな弱気な言葉を聞いたのは初めてのことである。

 これまでどんなに巨人が叩かれても、ファンを辞めるなんて言い出すタマじゃなかった。

「人気球団なんだからアンチに妬まれるのはしょうがない」

 そんな言葉をスローガンにしているかのような、揺るがぬ姿勢と、怯まぬジャイアンツ愛。その堂々たる態度に他球団ファンはキーとさせられるしかなかったのだが、そんな鋼の信念も今回の一連の開幕問題における巨人軍幹部の言動により、立ち上がれないほどダメージを受けたのだと彼は言う。

「これまでのことは野球界の内輪の問題だし何があっても擁護し、我慢することもできたけど、今回ばかりは本当に何を考えているのか意味がわからない。選手や監督に罪がないことは十分に承知しているけど、これまで通り『俺は巨人ファンだ』と胸を張れない限りもう巨人ファンではいられない……」

 彼は楽しみにしていた開幕カードのチケットを破り捨て、「少しでも選手のためになれば」との思いから長年取り続けていた親会社の新聞も解約。聞けばその新聞販売店の人も「今回の開幕問題で、苦情や解約する人が増えて困っている」とボヤいていたと言うから、巨人ファンの動揺は彼だけではなく、全国的な動きになっている可能性も高い。

他球団のファンに巨人ファンのメンタルは絶対にわからない!?

 当初は開幕強行に賛同し追従しようとしていた他のセ・リーグ球団のファンですら、少なからず後ろめたく情けない思いに駆られたのである。開幕問題で球団幹部の発言がメディアに大きく取り上げられ、最も矢面に立たされた巨人では、憤りを感じてファンを辞める者もいれば、いまだに肩身の狭い思いをしている者もいる。そして改めてジャイアンツ愛を誓ったファンもその胸中には様々な思いが過ったことだろう。

 日本のプロ野球にあって巨人軍という球団は特別な存在であることは間違いない。プロ野球の発足以来、球界を牽引してきたのは間違いなく巨人であり、球界に対する影響力、発言力等々、他の11球団とはまったく違った色を持っている。

 そして、その唯一無二の色はファンもまた同じだろう。巨人以外の11球団のファンに巨人ファンのメンタルは絶対にわからないような気がするのだ。

 騒動がひと段落した今、巨人ファンは何を思っているのだろう。生の声を拾ってみた。

【次ページ】 「ファンも肩身が狭いですが、選手はもっと辛いはず」

1 2 3 4 NEXT
読売ジャイアンツ

ページトップ