SCORE CARDBACK NUMBER

夢を取り戻せるか。2005年、釜石の挑戦。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2005/01/20 00:00

夢を取り戻せるか。2005年、釜石の挑戦。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 プロ野球の再編問題、ザスパ草津の躍進……スポーツとファン、地域とクラブの関係が注目された'04年。ラグビー界で地域密着をいち早く打ち出した先駆けクラブは、早々にシーズンを終えていた。

 12月12日。寒風吹き付ける埼玉・熊谷ラグビー場。釜石シーウェイブスはNTT東日本に30―44で敗北。トップイースト5位に沈み、プレーオフへの道を断たれたのだ。

 東日本リーグから陥落と同時にクラブ化し、新日鉄以外の選手を迎え入れて4年目。職場も住まいも多様な選手たちが揃って練習できる機会は少なく、池村章宏主将は「今年はアタックを合わせる時間がなくて、DF練習しかできなかった。コンバインドチームみたい」と嘆いた。相手チームの多くは企業の庇護の下、若く才能ある選手が憂いなく練習に打ち込んでいる。釜石には他チームを解雇され、職場のアテもないままやってきた選手もいる。

 「でも僕らも恵まれてるんですよ」。副将の津嶋俊一はそう言った。釜石のジャージーは胸と背中、パンツの裾にスポンサー10社のロゴがひしめく。国内最先端の派手なジャージーは、クラブが多くの人に支えられている象徴だ。昨春には個人サポーターがクラブに働きかけて選手の生活を支援する基金を発足させ、試合会場での募金活動も始めている。

 津嶋は昨春NZへ留学し、マコーミックが在籍したリンウッドクラブで3カ月プレー。そこでは釜石を勇気づける現実も見てきた。

 「ファースト(1軍)は代表やプロを目指すような選手が多いけど、僕がいたセカンドは仕事で練習にこられない選手も多い。でも試合になると集中力が凄い。ずば抜けた選手はいなくても、気迫と組織力で勝っちゃう」

 '02年、桜庭吉彦ヘッドコーチは「日本一を目指そう」と選手に宣言して就任。目前の現実的目標に汲々としていたチームに息を吹き込んだ。だが、2カ月後に日本一に輝くNECにプレーオフで敗れたそのシーズンを頂点に、釜石の成績は下降線を辿っている。

 「僕も含め、目先の試合やトップリーグ昇格という目標に小さくまとまることに慣れてしまった部分がある。常に目標を口にし続ける姿勢を、もう一度取り戻さないと」(桜庭)

 願って叶うわけではないが、願わなければ決して届かない。ファンも過去への追憶ではなく、未来を信じて応援しているのだから。

ページトップ