NumberEYESBACK NUMBER

今年もパ・リーグが優勝。際だった投手起用の差。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2008/07/10 00:00

 今年のセ・パ交流戦は大混戦の末、福岡ソフトバンクが初優勝。これで'05年から4年連続パ・リーグのチームが優勝し、パ・リーグが勝ち越した。

 なぜ、今年もパ・リーグが強かったのか? 一番の大きな違いは投手起用だった。

 「予告先発」がない交流戦は、パ・リーグにとって心理的にシーズンよりも有利になれる。そのメリットを最大限に活用したのが東北楽天だった。「投手起用は監督采配の見せ所」と豪語する野村克也監督は、“奇襲”という形でそれを披露する。

 「巨人は“初もの”に弱い」と、5月28日にはルーキーの長谷部康平を先発として起用。そのほか、6月18日の阪神戦で片山博視がプロ初先発。22日の広島戦では、岩隈久志−田中将大の先発2本柱による豪華投手リレーでファンを沸かせるなど、思い切りの良い采配が目立った。交流戦期間中、野村の手腕を間近で見ていたバッテリーコーチ、野村克則がチーム状況をこう話す。

 「『今年はやらなきゃいけない』という思いがある。チームは勝ちに飢えています。今までは負けていく中で受身になっていましたが、今年は攻めの姿勢になってきている。それがいい方向に向かっているんです」

 野村コーチが言う「攻めの姿勢」が、交流戦4年目にして初めて勝率5割以上という結果を生んだといえるだろうが、楽天以外のパ・リーグ各球団も、セ・リーグの球団にはない投手起用を見せた。

 '07年から、それまで1チームあたり6試合だったのが4試合の総当りに規模が縮小された。セ・パ各チームの監督は、「いい投手を送りやすくなる」と言う一方で、「日程の感覚が従来のペナントレースと違ってずれる」と複雑な心境。昨年は、移動の関係で各チームのローテーションが重なり同じ投手同士の対戦が多かったが、今年は違っていた。

 セ・リーグの投手は、故障などで戦線を離脱した関係で若干の変動はあるが、ほぼそれまでのローテーション通り。一方のパ・リーグはそれを崩してでも、エース格の投手をセ・リーグのペナント上位チームを避けて登板させるケースが際立っていたのだ。一例を挙げると、北海道日本ハム・ダルビッシュ有と岩隈は登板した5試合中5試合、千葉ロッテ・成瀬善久も4試合中4試合が3位以下のチームだった。

 セ・リーグ主要投手の3位以下チームへの登板は、巨人・内海哲也の6試合中5試合が最多で、東京ヤクルト・石川雅規の5試合中4試合と続くが、広島・ルイスは6試合中3試合、中日・川上憲伸は5試合中2試合だった。パ・リーグ各球団の「勝てる星は確実に奪う」という戦略が窺えた。

 中でも投手起用が光ったのが福岡ソフトバンクだ。交流戦前からローテーションのテコ入れを施し、好調の大隣憲司、杉内俊哉を並べ連敗を避け、和田毅で確実に勝利する態勢を整えた。事実、大隣は5戦4勝。杉内は2勝1敗ながら5戦を投げ、12球団トップの3完投。防御率も1.45と安定感を示した。和田も登板6試合中、Bクラスから3勝を挙げ、この「先発3本柱」で15勝のうち9勝を稼いだ。

 過去、'05年の千葉ロッテ、'07年の北海道日本ハムと、交流戦で優勝したチームが日本シリーズに進出する確率は高い。今年は王貞治監督のラストイヤーとも噂されているが、福岡ソフトバンクの真価が問われるのはこれからの後半戦だ。

関連キーワード
野村克則
野村克也
和田毅
杉内俊哉
大隣憲司
片山博視
長谷部康平
福岡ソフトバンクホークス
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ