NumberEYESBACK NUMBER

吉田秀彦vs.米国人格闘家 その意外な相性。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

posted2005/09/15 00:00

 大盛況のうちに終わった『PRIDE ミドル級GP 2005

決勝戦』において、ただひとつだけ解せなかったのが、『吉田秀彦vs.タンク・アボット』というカードである。大義名分として「ヘビー級戦線へ挑む吉田への試金石」とあったが、アボットは失礼を承知で言わせてもらえばピークは'90年代後半、すでに盛りを過ぎた選手であり吉田の相手をするにはどうも魅力に乏しい。それに吉田はドン・フライ、マーク・ハントからも勝利を奪っており、ヘビー級転向に関してとくに問題はない。

 では、なぜ組まれたのか? その答は大会閉会式で明らかになった。白人の紳士がリング上でマイクを持つ。その人は、米国TV局『FOXスポーツ・ネットワーク』(以下FSN)の番組編成制作局副局長のジョージ・グリーンバーグ氏だった。彼いわく、FSNでPRIDEの番組を毎週日曜日、午後9時のゴールデンタイムで放送することが決まったという。FSNといえばアメリカ4大プロスポーツを放送している米国を代表するスポーツTV局。ケーブル・チャンネルではあるが無料放送ということで、全米でPRIDEの注目度が高まることはまちがいない。

 そこで、アボットである。全盛期よりも実力は衰えたが、米国の格闘技団体『UFC』で活躍していた過去をもち、その荒々しいファイトとファットな愛らしさで人気を博し、知名度はいまだに高い。つまりこのカードは『アメリカの人気者vs.元ゴールドメダリスト』といった非常にわかりやすい構図となり、新規アメリカ人視聴者を意識したマッチメイクだったというわけだ。

 では、肝心の試合はアメリカの視聴者にどう映っただろうか。

 体の大きなアボット(123.5kg)が上、小さな吉田(104kg)が下というポジショニングで試合は展開。吉田はガードポジションから道衣をたくみに使いアボットの左腕を絞りこんで自由にさせず、最後は柔道家らしくスッとバックにまわりこみ“片羽絞め”でタップを奪った。月並みな言い方だが、『柔よく剛を制す』で、まさに吉田と柔道の良さが十分に発揮されたわかりやすい一戦だった。

 また、単なる“柔道家”ではなく“総合格闘家”としての吉田の姿を披露できたのも今後に向け好材料。

 柔道家にしては打撃に非凡なセンスを持つ吉田であるが、今回はさらにその腕を磨くためシュートボクセから打撃コーチを招聘したという。

 「練習は毎日打撃ばっかり。もうこうなったら打撃でKOしたいよね」と、試合前に吉田は冗談めかして語っていたが、ジャブからの左ハイキックでアボットをグラつかせるなど早速効果が出はじめる。さらに驚かされたのは、突っ込んできたアボットに対し吉田が上からがぶって『4点ポジションからの膝蹴り』を放ったことだ。この技でアボットの動きを止めフィニッシュへ繋げたわけだが、『4点ポジションの膝蹴り』といえば総合格闘技ならではのグラウンド・テクニックであり、打撃と柔道技だけだった吉田がついにこの技を使ったと思うと感慨深いモノさえある。しかも、この技はUFCルールにはない技であり、アメリカの視聴者へのインパクトも強かったにちがいない。

 地元米国人選手の活躍はもちろん、オリエンタルな雰囲気いっぱいに純白の道衣をまとい戦うJUDO KINGの存在は、全米での人気をPRIDEが確固たるものにするためにも不可欠といえるだろう。

ページトップ