#1085
巻頭特集

藤井聡太八冠誕生の瞬間は「焼き鳥屋でビールを飲んでいた」…将棋の終盤戦の“スリル”と“緊張感”を読み解く。<先崎学九段エッセイ>

2023/11/25

 王座戦が終わり、藤井聡太八冠が誕生した。私はその時焼き鳥屋でビールを飲んでいた。午前中は雑用をこなしながら詰将棋を解いて、午後は仲間と練習をしていた。棋士にとってもっとも大事なのはいつだって目の前の次の対局である。それでも全冠制覇という事実を前にして、いままで蜃気楼であやふやだった超高層ビルが、突然くっきりと眼前に見えたような感情はあった。そしてそれは、多くの同業者が感じたものと同じこころの動きだったろう。

 数日間、洪水のように情報が流れた。そのなかには99%の劣勢からの逆転、というリードの記事も多く、私はすこし違和感を覚えた。あれは、単に永瀬拓矢王座が詰みを逃しただけだからである。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Katsuo Kawai(Illustration)
前記事 次記事