記事に戻る

野村克也「私が巨人のキャッチャーなら江川をまずぶん殴る」 まるで“刑事ミステリー”…ノムさんの観察力はやっぱりスゴかった

南海ホークス時代、1970年に選手兼任監督となった野村克也。80年、45歳のとき西武で現役引退。90年にヤクルト監督となり、阪神、社会人のシダックス、楽天でも監督を務めた / photograph by Sankei Shimbun 『プロ野球の男たち 野村克也の目』(1982年発行、左)と『プロ野球〇野村克也の目』(1983年発行) ©Yuki Suenaga かつて、テレ朝プロ野球中継の名物解説“野村スコープ”を担当していた三雲薫さん。現在テレビ朝日役員待遇でスポーツ局担当補佐、文化工房の代表取締役社長も務める ©Kiichi Matsumoto 写真は1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 同じく1965年撮影、王貞治(左)とのツーショット ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 1993年セ・リーグ優勝の祝勝会で。野村監督にビールをかける古田敦也 ©Sankei Shimbun 1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1965年撮影。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1993、95、97年とヤクルトを3度日本一に導いている ©BUNGEISHUNJU 2003年~05年まで社会人野球・シダックスの監督を務めたのち、05年末に東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

南海ホークス時代、1970年に選手兼任監督となった野村克也。80年、45歳のとき西武で現役引退。90年にヤクルト監督となり、阪神、社会人のシダックス、楽天でも監督を務めた(photograph by Sankei Shimbun)

南海ホークス時代、1970年に選手兼任監督となった野村克也。80年、45歳のとき西武で現役引退。90年にヤクルト監督となり、阪神、社会人のシダックス、楽天でも監督を務めた / photograph by Sankei Shimbun 『プロ野球の男たち 野村克也の目』(1982年発行、左)と『プロ野球〇野村克也の目』(1983年発行) ©Yuki Suenaga かつて、テレ朝プロ野球中継の名物解説“野村スコープ”を担当していた三雲薫さん。現在テレビ朝日役員待遇でスポーツ局担当補佐、文化工房の代表取締役社長も務める ©Kiichi Matsumoto 写真は1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 同じく1965年撮影、王貞治(左)とのツーショット ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 1993年セ・リーグ優勝の祝勝会で。野村監督にビールをかける古田敦也 ©Sankei Shimbun 1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1965年撮影。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1993、95、97年とヤクルトを3度日本一に導いている ©BUNGEISHUNJU 2003年~05年まで社会人野球・シダックスの監督を務めたのち、05年末に東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

ページトップ