記事に戻る

野村克也「落合がワシとダブってしょうがないんや」…ノムさんが45歳で“現役引退”を決断した夜「ざまあみろ、西武なんか負けてしまえ」

1998年3月の日本ハム対ヤクルトのオープン戦で。試合前に談笑する落合博満と野村克也 / photograph by Sankei Shimbun 96年オリックスとの日本シリーズで。松井秀喜とのツーショット。同シリーズは4勝1敗でオリックスが制した ©BUNGEISHUNJU 1996年12月、ヤクルトとの初交渉を前に談笑する野村監督、落合、酒井清人球団社長(左から、肩書は当時) ©KYODO 写真は1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1996年オフに巨人から日本ハムに移籍した落合博満。当時43歳だったが3億円の2年契約と期待されていた ©KYODO 1998年10月14日、日本ハム退団と球界引退会見で記者に頭を下げた落合 ©Sankei Shimbun 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満。年俸は9700万円から1億3000万円にアップ ©BUNGEISHUNJU 1985年、当時1億5000万円と報じられた豪邸前で信子夫人と ©BUNGEISHUNJU 1985年、江夏豊の引退式で ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 星野仙一さんとの対談で(1985年撮影) 自宅でヨコになって寛ぐ(1987年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満 ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1990年のオールスターで西武時代の清原和博とのツーショット ©BUNGEISHUNJU 巨人時代(1994~96年まで在籍)

1996年12月、ヤクルトとの初交渉を前に談笑する野村監督、落合、酒井清人球団社長(左から、肩書は当時) ©KYODO

1998年3月の日本ハム対ヤクルトのオープン戦で。試合前に談笑する落合博満と野村克也 / photograph by Sankei Shimbun 96年オリックスとの日本シリーズで。松井秀喜とのツーショット。同シリーズは4勝1敗でオリックスが制した ©BUNGEISHUNJU 1996年12月、ヤクルトとの初交渉を前に談笑する野村監督、落合、酒井清人球団社長(左から、肩書は当時) ©KYODO 写真は1965年撮影、王貞治(右)とのツーショット。この年、野村克也は戦後初の三冠王を獲得 ©BUNGEISHUNJU 1996年オフに巨人から日本ハムに移籍した落合博満。当時43歳だったが3億円の2年契約と期待されていた ©KYODO 1998年10月14日、日本ハム退団と球界引退会見で記者に頭を下げた落合 ©Sankei Shimbun 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満。年俸は9700万円から1億3000万円にアップ ©BUNGEISHUNJU 1985年、当時1億5000万円と報じられた豪邸前で信子夫人と ©BUNGEISHUNJU 1985年、江夏豊の引退式で ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 星野仙一さんとの対談で(1985年撮影) 自宅でヨコになって寛ぐ(1987年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満 ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1990年のオールスターで西武時代の清原和博とのツーショット ©BUNGEISHUNJU 巨人時代(1994~96年まで在籍)

ページトップ