記事に戻る

少年野球で1本4万円もする「飛ぶバット」はアリか? “値段が高すぎ”中学野球では過去に禁止も…「ヒット1本1000円なら悪くない」の声

少年野球で人気の「飛ぶバット」。1本4~5万円という価格面も批判の対象となっている(※写真はイメージ) / photograph by Getty Images 中日、オリックス、楽天で活躍した山崎武司。通算403本塁打、ホームラン王2回、打点王1回。2013年に現役引退 ©BUNGEISHUNJU 2002年当時の「ビヨンドマックス」。ヘッド部に柔らかい素材を使用し、打球の飛距離を伸ばした ©KYODO こちらは2016年時点の「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」 ©KYODO

2002年当時の「ビヨンドマックス」。ヘッド部に柔らかい素材を使用し、打球の飛距離を伸ばした ©KYODO

少年野球で人気の「飛ぶバット」。1本4~5万円という価格面も批判の対象となっている(※写真はイメージ) / photograph by Getty Images 中日、オリックス、楽天で活躍した山崎武司。通算403本塁打、ホームラン王2回、打点王1回。2013年に現役引退 ©BUNGEISHUNJU 2002年当時の「ビヨンドマックス」。ヘッド部に柔らかい素材を使用し、打球の飛距離を伸ばした ©KYODO こちらは2016年時点の「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」 ©KYODO

ページトップ