記事に戻る

落合博満68歳に…35年前“初めての本”に落合が書いた本音「選手は、勝つための駒にすぎないんだ」「野球をやるなら東京に限るね」

写真は1985年、パリーグ三冠王になった落合博満(ロッテ)とセリーグ三冠王のランディ・バース(阪神)。翌年も2人とも両リーグで2年連続三冠王に / photograph by BUNGEISHUNJU 今から35年前、1986年4月に刊行された落合博満“初の自著”『なんと言われようとオレ流さ』(講談社) ロッテ時代の落合(1979年~86年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1987年~93年まで中日でプレー。その後は巨人(94年~96年)、日本ハム(97~98年)に在籍し現役引退 ©BUNGEISHUNJU 1998年10月7日、日本ハム落合(当時45歳)の現役ラストゲームのあと、球場出口で出待ちしていたファンと握手を交わす ©Sankei Shimbun

今から35年前、1986年4月に刊行された落合博満“初の自著”『なんと言われようとオレ流さ』(講談社)

写真は1985年、パリーグ三冠王になった落合博満(ロッテ)とセリーグ三冠王のランディ・バース(阪神)。翌年も2人とも両リーグで2年連続三冠王に / photograph by BUNGEISHUNJU 今から35年前、1986年4月に刊行された落合博満“初の自著”『なんと言われようとオレ流さ』(講談社) ロッテ時代の落合(1979年~86年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1987年~93年まで中日でプレー。その後は巨人(94年~96年)、日本ハム(97~98年)に在籍し現役引退 ©BUNGEISHUNJU 1998年10月7日、日本ハム落合(当時45歳)の現役ラストゲームのあと、球場出口で出待ちしていたファンと握手を交わす ©Sankei Shimbun

ページトップ