記事に戻る

27年前「最後の完全試合」まで槙原寛己は“悪役”だった…「オハヨ~ナガシマで~す!」あの投球を生んだミスターの直電

27年前、1994年5月18日。完全試合を達成し、喜ひぶ巨人・槙原寛己。左はサード長嶋一茂 / photograph by Sankei Shimbun 槙原寛己完全試合の翌日(1994年5月19日)の読売新聞朝刊。1面に「槙原(巨人)完全試合」の見出し  翌日(1994年5月19日)の読売新聞朝刊のスポーツ面『槙原 完ぺき102球 「7000試合」飾る』 1981年のドラフト1位で大府高から巨人入りした(写真は84年撮影) ©BUNGEISHUNJU 83年に一軍初登板。その試合で初完封するなど、同年12勝1セーブ(9敗)で新人王に(写真は86年撮影) ©BUNGEISHUNJU 巨人残留を決め、長嶋茂雄監督(当時)と握手する槙原(93年11月21日、槙原の自宅で) ©KYODO ©BUNGEISHUNJU 94年、西武との日本シリーズ。2勝0敗、防御率0.50という大活躍で、シリーズMVPにも輝いた ©BUNGEISHUNJU

27年前、1994年5月18日。完全試合を達成し、喜ひぶ巨人・槙原寛己。左はサード長嶋一茂(photograph by Sankei Shimbun)

27年前、1994年5月18日。完全試合を達成し、喜ひぶ巨人・槙原寛己。左はサード長嶋一茂 / photograph by Sankei Shimbun 槙原寛己完全試合の翌日(1994年5月19日)の読売新聞朝刊。1面に「槙原(巨人)完全試合」の見出し  翌日(1994年5月19日)の読売新聞朝刊のスポーツ面『槙原 完ぺき102球 「7000試合」飾る』 1981年のドラフト1位で大府高から巨人入りした(写真は84年撮影) ©BUNGEISHUNJU 83年に一軍初登板。その試合で初完封するなど、同年12勝1セーブ(9敗)で新人王に(写真は86年撮影) ©BUNGEISHUNJU 巨人残留を決め、長嶋茂雄監督(当時)と握手する槙原(93年11月21日、槙原の自宅で) ©KYODO ©BUNGEISHUNJU 94年、西武との日本シリーズ。2勝0敗、防御率0.50という大活躍で、シリーズMVPにも輝いた ©BUNGEISHUNJU

ページトップ