記事に戻る

石川祐希は憧れではなく、ライバルであるべき 海外挑戦へ警鐘鳴らす古賀太一郎の言葉の重み

リベロの古賀太一郎は5シーズンに渡って海外でプレー。昨季までポーランドのヴァルタ・ザビエルチェに所属していた / photograph by Takahisa Hirano/AFLO 海外で5シーズンもプレーした古賀。その言葉には日本バレー界が向き合うべき課題が見え隠れする ©Takahisa Hirano/AFLO プロ契約選手として海外でプレーを続ける石川。古賀は若手たちに石川を上回るような貪欲な姿勢を求めている ©Itaru Chiba/AFLO 海外で5シーズンもプレーした古賀。その言葉には日本バレー界が向き合うべき課題が見え隠れする / photograph by Takahisa Hirano/AFLO プロ契約選手として海外でプレーを続ける石川。古賀は若手たちに石川を上回るような貪欲な姿勢を求めている / photograph by Itaru Chiba/AFLO

海外で5シーズンもプレーした古賀。その言葉には日本バレー界が向き合うべき課題が見え隠れする ©Takahisa Hirano/AFLO

リベロの古賀太一郎は5シーズンに渡って海外でプレー。昨季までポーランドのヴァルタ・ザビエルチェに所属していた / photograph by Takahisa Hirano/AFLO 海外で5シーズンもプレーした古賀。その言葉には日本バレー界が向き合うべき課題が見え隠れする ©Takahisa Hirano/AFLO プロ契約選手として海外でプレーを続ける石川。古賀は若手たちに石川を上回るような貪欲な姿勢を求めている ©Itaru Chiba/AFLO 海外で5シーズンもプレーした古賀。その言葉には日本バレー界が向き合うべき課題が見え隠れする / photograph by Takahisa Hirano/AFLO プロ契約選手として海外でプレーを続ける石川。古賀は若手たちに石川を上回るような貪欲な姿勢を求めている / photograph by Itaru Chiba/AFLO

ページトップ