記事に戻る

<五輪代表連続インタビュー#7> MF・山口螢 「自分たちはまだまだ甘い」

セレッソ大阪のU-18時代にはFW起用もあったほど、攻撃力も十分備えている山口螢。アジア最終予選の最終戦となるバーレーン戦を前にして「攻撃のバリエーションをもっと増やしていきたい。ボランチとしてはもっと前に行けたらと思います」と語っている。 / photograph by Nanae Suzuki マレーシア戦では、両サイドバックが大量得点を目指して積極的に上がっていく中、キッチリとその裏をカバーしていた山口。敵のカウンターによる攻撃も見事に完封。 <五輪代表連続インタビュー#7> MF・山口螢 「自分たちはまだまだ甘い」(3)

マレーシア戦では、両サイドバックが大量得点を目指して積極的に上がっていく中、キッチリとその裏をカバーしていた山口。敵のカウンターによる攻撃も見事に完封。

セレッソ大阪のU-18時代にはFW起用もあったほど、攻撃力も十分備えている山口螢。アジア最終予選の最終戦となるバーレーン戦を前にして「攻撃のバリエーションをもっと増やしていきたい。ボランチとしてはもっと前に行けたらと思います」と語っている。 / photograph by Nanae Suzuki マレーシア戦では、両サイドバックが大量得点を目指して積極的に上がっていく中、キッチリとその裏をカバーしていた山口。敵のカウンターによる攻撃も見事に完封。 <五輪代表連続インタビュー#7> MF・山口螢 「自分たちはまだまだ甘い」(3)

ページトップ