Number NewsBACK NUMBER

藤井聡太七段、衝撃の大逆転劇!木村王位に
2連勝、次局は“中1日”での棋聖獲得なるか。 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by日本将棋連盟

posted2020/07/14 19:42

藤井聡太七段、衝撃の大逆転劇!木村王位に2連勝、次局は“中1日”での棋聖獲得なるか。<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

王位戦第2局を戦った藤井聡太七段(左)と木村一基王位。

 藤井聡太七段が木村一基王位に挑戦する王位戦七番勝負第2局が13、14日に北海道札幌市の「ホテルエミシア札幌」で行われ、終盤の逆転劇で藤井七段が勝利した。

 木村王位の先手番で始まった今局、戦型は「相掛かり」で進み、藤井七段が40手目で自身初となる封じ手をする展開に。サインの方法について木村王位が“アドバイス”する場面が話題となる中、14日に立会人の深浦康市九段が封筒を開封し、8六歩から対局が再開された。

 そしてこの日は解説などずば抜けたトーク力で「将棋の強いおじさん」と高い人気を誇り、「千駄ヶ谷の受け師」との異名も持つ木村王位が藤井七段の飛車さばきを止めにかかる展開となった。

 元奨励会経験者・片山良三氏による「NumberWeb」の記事では、棋聖戦で藤井七段が対局している渡辺明三冠が「木村さんは昔から指し方を変えていません。リスキーで損な指し方と言われていたこともありましたが、いまはAIに最も高く評価されている棋士です」と評していたが、“AI超え”の手を繰り出す若き俊英・藤井七段と、円熟味あふれる木村王位の妙手がつばぜり合った。

 長い中盤戦の後に少しずつリードを奪ったのは木村王位。藤井七段が天を見上げる場面が増えるなかで木村王位はジワジワと相手玉を追い詰めにいく。一方、藤井七段は122手目で5三香という攻防手を繰り出すなど粘りを見せ、お互い1分将棋となる熱戦の中で藤井七段が逆転。最後は木村王位が144手までで投了し、藤井七段の連勝となった。

 藤井七段の次局は中1日で、16日の棋聖戦第4局(大阪・関西将棋会館)となる。この1カ月間で東京、愛知・豊橋、北海道、そして大阪と長距離移動が続く中、藤井七段は心身の体力を万全にして初タイトルへの一戦を迎えられるか。

関連コラム

藤井聡太
木村一基

ページトップ