SCORE CARDBACK NUMBER

誰からも愛された“野人”
中西学への、ご苦労さん。

posted2020/03/01 08:30

 
誰からも愛された“野人”中西学への、ご苦労さん。<Number Web> photograph by Getty Images

(左から)天山、永田、小島と「第三世代」として新日本を引っ張った中西。'99年にはG1クライマックスも制覇。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 獣神サンダー・ライガーに続いて、中西学が……。新日本プロレスの一時代を築いた看板選手が、相次いでレスリング・シューズを脱いだ。

 元IWGPヘビー級王者の中西は、レスリング日本代表(フリースタイル・100kg級)として1992年バルセロナ五輪に出場した。同年8月、新日本に入団。直後の10月13日にプロデビューし、期待通りに大活躍した。'11年6月に中心性脊髄損傷で長期欠場。'12年10月に復帰したものの、引退を表明した今年1月7日の記者会見では、「自分の思うようなファイトができなくなった」。潔く現役生活にケジメをつけ、2月22日に東京・後楽園ホールで引退試合を行うことを発表した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

女子ゴルフ 黄金の挑戦

Sports Graphic Number 998

女子ゴルフ 黄金の挑戦

 

関連記事

新日本プロレス
中西学

プロレスの前後の記事

ページトップ