フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

五輪銅メダリスト・ワグナーも告発。
性的虐待問題に揺れる米スケート界。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/08/12 11:40

五輪銅メダリスト・ワグナーも告発。性的虐待問題に揺れる米スケート界。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2014年ソチ五輪団体戦銅メダル、2016年世界選手権2位、2012年四大陸選手権優勝などの実績があるワグナー。

「とても19歳の部屋とは思えなかった」

 20年ほど前、知人のアメリカ人女性テレビプロデューサーが、あるアメリカの女子スケーターの自宅を撮影でおとずれたときの経験について語ってくれた。

 当時19歳だったそのスケーターの部屋が、まるで子供部屋のようで驚いた、と彼女は筆者に語った。

「カーテンもベッドカバーもピンクで部屋中ぬいぐるみだらけで、とても19歳の部屋とは思えなかった。彼女の話し方も、まるで少女のようでした」

若い選手たちをどうやって守るのか。

 筆者にはそれほど驚きではなかったが、普段はフィギュアスケートというスポーツとはまったくかけ離れた世界にいた彼女にとって、かなり衝撃的だったのだという。

 この業界にいると、時にはスケーターたちの自由奔放な恋愛関係の噂を聞かされることもある。だがそれは一部の選手であり、多くは「隔離された環境に育ち、精神的に幼い部分が残る」という、性的虐待の被害を自ら防ぎにくいティーネイジャーたちであるのが現実だ。

 こうした若い選手たちをどうやって守っていくのか。

 少なくともアメリカでは、セイフスポーツという駆け込み機関が発足した。これは日本にとっても人ごとではなく、全世界のスポーツ関係者にとって大きな課題であると思う。
 

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
アシュリー・ワグナー

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ