草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

なぜ松坂大輔はPLに打たれたのか。
松坂、平石が語る20年目の真実。
 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/21 11:30

なぜ松坂大輔はPLに打たれたのか。松坂、平石が語る20年目の真実。<Number Web> photograph by Kyodo News

初めて横浜にリードされた延長11回裏、同点のホームに生還してガッツポーズする平石(左)。PLは延長17回までに7点を奪った。

証言が今も濃厚な、20年前の名勝負。

「僕が普通に投げてれば何の問題もなかったんです。ああいう揺さぶりをかけてくるチームはそれまでにもあったし、さほど気にしてなかったですから」

 もし負けていれば、20年経とうとも口にしたくない理由だろう。中盤以降、松坂はどんどん調子を上げていった。

「延長戦に入ってからの方が確実に速かったと思います。腕が振れているという感覚もありましたから」

 文字通り、目覚めた怪物に食い下がったPLもまた強かった。延長11、16回と2度にわたる同点劇。平石は言う。

「僕たちは松坂大輔に勝つためだけに練習しましたから」

 打ったのも粘ったのも球種伝達ではなく、打倒・松坂に捧げた時間とエネルギーの賜物だ。20年目に明かされた真実。3時間37分の名勝負は、当事者が今でも生々しく証言できるほど濃厚なのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松坂大輔
平石洋介
横浜高校
PL学園高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ