濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

ノア・丸藤正道が三冠王座挑戦!
古巣登場が動かした“歴史”の重み。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2018/05/31 16:30

ノア・丸藤正道が三冠王座挑戦!古巣登場が動かした“歴史”の重み。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

宮原が持つ三冠王座に肉薄した丸藤。翌週の29日にはホームリングでGHCヘビー級王座に挑戦した(杉浦貴にフロントネックロックで敗北)。

秋山コール、丸藤コールが意味するものとは?

 試合を終え、リングを後にした丸藤には観客から特大のコールが送られた。リーグ戦での丸藤vs.秋山の後に秋山コールが発生したのと同じ現象だ。どちらも、試合内容に対しての賞賛だけではなかったはずだ。

 秋山の社長としての手腕、恩讐を超えて“敵地となった古巣”にやってきた丸藤の決断。そのおかげで、我々は“歴史”の中にいることを実感できた。

「俺がチャンピオン・カーニバルに出て、三冠に挑戦したことにいろいろ思う人間はたくさんいるだろう。でも、今のノアは1人でも2人でも多くの人に見てもらわなきゃいけない。1人でも2人でも多くの人に丸藤正道を、ノアを知ってもらいたかった。俺は決して間違っていたとは思わない」

 試合後の丸藤は言った。若手時代にタッグを組み、薫陶を受けたこともある丸藤に勝った宮原は感慨深げだった。

「(丸藤は)さすがの一言。懐かしい感じもしつつ、新しい感じもしつつ。宮原健斗が次に進むにあたって必然の相手だった」

なるか、前代未聞の2団体2階級制覇。

 丸藤からの全日本へのメッセージは「To be continuedだ」。

 ノアはIGFの流れをくむ中国の団体・東方英雄伝との提携も発表しており“箱舟”の次なる舵がどんな方向にきられるのか分からない部分も多い。また全日本社長としての秋山は、安易な“対抗戦特需”には否定的なタイプだ。

 とはいえ、これから丸藤が三冠王座をターゲットの1つにしていくことは間違いない。戴冠すれば、ノアのGHCジュニア、GHCヘビー、全日本の世界ジュニアを経て前代未聞の2団体、2階級制覇、シングル王座グランドスラムだ。

 9月1日には両国国技館でデビュー20周年記念大会を開催。丸藤が動く時、プロレスの年表に新たな項目が追加されることになる。

関連記事

BACK 1 2 3
丸藤正道
宮原健斗
プロレスリング・ノア
全日本プロレス
三沢光晴
秋山準
関本大介
石川修司
武藤敬司

プロレスの前後の記事

ページトップ