スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「デュラントってチキンなのか?」
3連勝は、1年前の疑問への完全回答。

posted2017/06/09 17:00

 
「デュラントってチキンなのか?」3連勝は、1年前の疑問への完全回答。<Number Web> photograph by AFLO

ケビン・デュラントがスターであることは論を待たない。あとは「スーパースター」になれるかどうかなのだ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 ケビン・デュラントって、チキンなのか――。

 そう思ったのは、彼がオクラホマシティ・サンダーでプレーしていた昨季のカンファレンス・ファイナル第6戦のことだった。

 サンダーはディフェンディング・チャンピオンのゴールデンステート・ウォリアーズに対して3勝2敗とリードし、ホームに戻った。大チャンスである。

 しかしウォリアーズはしぶとく、残り2分30秒の段階で99-99の同点。KDことデュラントはここで勝負に出ようとするが、アンドレ・イグダーラにボールをはたかれてしまう。

 その後、101-101となって、ウォリアーズのクレイ・トンプソンが残り1分35秒に3ポイントを決めて逆転に成功する。

 リードしていたサンダーは逆に追い込まれ、この後のKDの3ポイントシュートがひどかった。軸がぶれ、リングのフロント部分に当たる質の低いシュート。

 サンダーは敗れ、続く第7戦も敵地で健闘したが、敗退を喫する。

 KDは紛うことなき名選手であり、スターだ。しかし、NBAの過去のスーパースターは、必要な時に、記憶に残るシュートを決めてきた。KDのシュートは、「スーパー」には程遠かった。

ウォリアーズへ移籍したKDに批判が殺到。

 オフシーズンの驚きは、KDが敗れたウォリアーズへと移籍したことだ。

「チャンピオンリングが欲しいからって、いくらなんでもねえ……」

「KDが戦力格差を作った張本人だ」

 KDの決断に関しては、いまも批判は根強い。

 私は取材の体験から、ウォリアーズのジェネラル・マネージャー、コーチ陣、そしてスタッフに至るまでの現体制に心酔していることもあり、KDの加入がどのようなケミストリーを生み出すか楽しみにしていた。

 たしかに、ウォリアーズはNBAの力の均衡を崩してしまったかもしれない。しかし、KDの加入によって、スポーツの枠にとどまらない「エンターテインメント」の世界で超一流になったと思っている。

【次ページ】 今のところ、KDは完全にファイナルを支配している。

1 2 3 NEXT
ケビン・デュラント
ゴールデンステート・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ