テニスPRESSBACK NUMBER

伊達公子46歳、復帰戦での喜び。
「何より1ポイントが取れました!」 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/05/12 12:00

伊達公子46歳、復帰戦での喜び。「何より1ポイントが取れました!」<Number Web> photograph by Kyodo News

これまでも伊達は困難にぶつかっては、それを乗り越えてきた。膝の回復具合も上々だ。だから、今回の復帰も……と信じたい。

どう「やりきる」のか、その道程に注目したい。

 それにしても、なぜそこまでやるのか。人は口にしないまでも、そんな疑問を抱くだろう。

「やりきったという気持ちになれないので、まだやるしかない」

 松山で、伊達はそう言っていた。

 9年前、12年ぶりに現役復帰した伊達は、若さやパワーに満ちた新時代のテニスを敵にまわし、テクニックや精神力とのコントラストで特にオールドファンを刺激した。

 今は、その稀有なキャリアをどう「やりきる」のかに興味がある。

 そんな表現は、まるで“ジ・エンド”に向かうだけのようで、伊達の本意にそぐわないかもしれない。だがある意味、その「やりきる」興味を満足させるというのは非常に高いハードルでもある。

 そのハードルをどう超えるのか、あるいはまったく届かないのか、予測は不可能だ。

 伊達公子という人は、必ず「超えてきた」人なのだが。

関連記事

BACK 1 2 3 4
伊達公子
錦織圭
トミー・ハース

テニスの前後の記事

ページトップ