プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

噛みつき魔。鉄人。黒い魔神。鉄の爪。
伝説のプロレス記者・門馬忠雄の告白。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/11/06 08:00

噛みつき魔。鉄人。黒い魔神。鉄の爪。伝説のプロレス記者・門馬忠雄の告白。<Number Web> photograph by Essei Hara

新書の体をなしているが、ページを開くと……底なしのプロレス地獄となっている! 『外国人レスラー最強列伝』(文春新書)。

力道山と大木金太郎の複雑な関係。

 最後の章は韓国の虎“原爆頭突き”のキム・イル。大木金太郎だ。

 力道山の特命でアメリカにいた大木だったが、力道山の突然の死で、そのプロレス人生は大きく変わってしまう。

 韓国から日本に密航して渡ってきた男は、力道山に助けられて、プロレスラーになれた。その力道山が突然いなくなってしまったのだ。

 私が、大木の試合をテレビで見たのは、まだ力道山が生きていたころで、無我夢中で頭突きを連発した大木が、逆に自分でダメージを負ってしまう――というシーンだった。そんな大木を初めて撮ったのは、日本プロレスの末期の後楽園ホールだったのも、印象深い。

あの伝説の国際プロレスの真実を書いて欲しい!

 このほかに、門馬さんが「ぶったまげた」レスラーたちは、“生傷男”ディック・ザ・ブルーザー、“荒法師”ジン・キニスキー、“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノ、“狂犬”ディック・マードック、“赤鬼”ウィレム・ルスカ、“人間風車”ビル・ロビンソン、“放浪の殺し屋”ジプシー・ジョーだ。

 秋の夜長に、あるいは旅の途中で、古き良き時代の怪豪たちの記憶を思い出しながら、この列伝を読んでみてはいかがでしょうか?

 そして最後に、門馬さんへの勝手なお願いがある。この3部作を4部作に変更していただきたい。

 そして、門馬さんしか知らない「国際プロレス伝説」を書いていただきたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
門馬忠雄
ジャイアント馬場
アントニオ猪木
ルー・テーズ
フリッツ・フォン・エリック
ボボ・ブラジル
大木金太郎

プロレスの前後の記事

ページトップ