メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

2016プロ野球新外国人4人を査定!
ダントツの阪神ヘイグはマートン級? 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/13 10:40

2016プロ野球新外国人4人を査定!ダントツの阪神ヘイグはマートン級?<Number Web> photograph by Getty Images

阪神に加入予定のマット・ヘイグ。3Aバッファローでは川崎宗則とともにプレーし、インターナショナルリーグのMVPにも選出された。

“最強助っ人”と呼ぶには物足りないが……。

 ヘイグ、ロマック、ビシエド、プライディの4人は、日本プロ野球史上“最強助っ人”の呼び声も高いバース(元阪神)やバレンティン(ヤクルト)のような活躍が出来るのだろうか?

 マイナー時代の成績に彼らの資質が表れているとするなら、歴代外国人選手と新外国人選手の差は歴然としており、答えはきっと、NOである。

 だが、歴代の最強助っ人のような成績をマイナーで残していても成功しなかったブライアン・ラヘア(元ソフトバンク)のような外国人選手も少なくないのだから、とにかく“我慢の起用”が必要だ。彼らの来季がたった1年だけで成否を判断されるのではなく、2017年に繋がるような日本プロ野球への挑戦であって欲しいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
マット・ヘイグ
ダイアン・ビシエド
ジェイミー・マロック
ジェイソン・プライディ

MLBの前後の記事

ページトップ