ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

清武、そして岡崎がスーパーサブに?
「右FW・大久保」がもたらす戦略の幅。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/04 12:15

清武、そして岡崎がスーパーサブに?「右FW・大久保」がもたらす戦略の幅。<Number Web> photograph by Getty Images

ザック体制で最も多くのゴールを決めている岡崎慎司。ブンデスリーガ得点ランク7位タイの男が、攻守で日本の鍵を握っている。

岡崎「途中から出る場面を考えてもいいのかな」

 右FWとして、最も多くの試合でプレーしてきた岡崎は「もちろん、先発で出たいですよ」と念を押したうえで、こう話している。

「自分が途中から出る場面を考えてもいいのかなっていう感じはありますよね。キプロスのような相手だったら、キヨを入れて、右サイドでゲームを作れるようにして(香川)真司が決めるという場面もあるだろうし。逆に、自分がDFラインの裏を狙ってガンガン出ていくのもいいだろうし。色々な選手が控えているというのはチームにとって安心感があるなと感じましたね」

 ゴールに向かって大胆かつ自由に動いていける大久保、献身的な守備とDFラインの裏を徹底してつくことの出来る岡崎、周りの選手をより活かすことの出来る清武。さらに、ここまでの2試合では出番がなかったものの、鋭いドリブルと運動量を誇る齋藤学も控えている。

 相手によって、時間帯によって戦い方に幅を持たせることが出来る状態にあるという事実こそが、本大会を控える日本代表の大きなアドバンテージなのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
岡崎慎司
清武弘嗣
大久保嘉人
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ