ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

スリリングに読ませる、
ドーピングの闇。
~『シークレット・レース』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/03/11 10:00

スリリングに読ませる、ドーピングの闇。~『シークレット・レース』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕』タイラー・ハミルトン/ダニエル・コイル著 児島修訳 小学館文庫 886円+税

 人気スポーツは巨額の金を呼ぶ。金の集まるところ腐敗が生まれる。世界最高の自転車ロードレース、ツール・ド・フランス、本書はここがドーピング競争の舞台であることを暴露した。

 著者のタイラー・ハミルトンはアテネ五輪の個人タイムトライアルの金メダリストで8年後に優勝を取り消された不正薬物使用選手だ。ドーピングに手を染めたのはプロ選手となってチームに加わり、ヨーロッパを転戦して3年目の1997年だった。敗戦が続き、チームから白い袋を渡される自分より実力下の選手が勝ってしまう現実。「これはフェアじゃない」、自分も白い袋を受け取って走れば……そう考え始めた時、チームドクターから「ツールのメンバーに選ばれるために健康になれ」とささやかれ、注射をした。後は転落の道一筋。そして、同じチームのランス・アームストロングの汚れたツール7連覇をアシストすることになる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

他競技の前後のコラム

ページトップ