野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

横浜ベイスターズ最終戦を行く。
「来年もこの場所で逢いましょう!」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/10/12 12:50

横浜ベイスターズ最終戦を行く。「来年もこの場所で逢いましょう!」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合終了後:TBSのキャラクターはファウルゾーンに。

 試合終了後、セレモニーのために選手一同がグラウンドに整列する。球団マスコットのホッシーたちがフェアグラウンド内に並んでいるのに、TBSのキャラクター、ブーブとTBSラジオのエキベーは三塁側ファウルゾーンに慎ましく佇んでいた。その姿にちょっと泣けた。

 最後のスピーチは、尾花監督ではなく、加地社長だった。

「ファンの皆さま、横浜魂を発揮しましょう! 選手と一緒に戦いましょう。必ず強くしましょう。この地で胴上げをして、パレードをしたい。横浜の本当の底力を全国に示そうではありませんか! 明日から本当に優勝を目指し、そういう力強い横浜ベイスターズへ、絶対に横浜の地を離れたくはありません。必ずここにいる選手は来年皆さまと一緒に戦います!」

 涙が出た。

 全日程が終了してしまえば、ファンは声を出すことができない。これから先、何が起こったとしても、ほとんどのファンはその結果に反対の声を上げることもできない。そんな不安な気持ちを、加地社長の力強い言葉は打ち消してくれた。

「来年も、この場所で逢いましょう!」

 隣にいた名も知らないベイスターズファンがそう言って握手を求めてきた。

 会いたい。来年も、その先も、ずっと、ハマスタで会いたい。甘っちょろいことなのかもしれないが、どんなに弱くても、嫌な思いをしても、ベイスターズが横浜にあればそれでいい……と最後はついついファン目線になってしまった“最終戦”だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜ベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ