フットボール“新語録”BACK NUMBER

西欧への対抗意識持つロシアリーグ。
急成長の背景と日本人選手への評価。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2013/03/08 10:30

西欧への対抗意識持つロシアリーグ。急成長の背景と日本人選手への評価。<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

元々は陸上の短距離選手だった三枝洋介。優秀な短距離選手を輩出していたロシアの科学的トレーニング方法に憧れて渡露した。「当時はまさか自分がサッカー選手になるなんて思っても見ませんでしたよ」と笑いながら語った。

「強いメンタルを持っていないと、ロシアでは厳しい」

 ただし三枝は、何が何でもロシアへの移籍を実現させたいとは考えていない。

「エージェントとして一番悪いのは、クラブにただ紹介して、移籍後にその選手が潰れるということ。ロシアリーグって本当にタフだと思うんですよ。気候にしろ、移動にしろ、言葉にしろ。そこをステップにしてヨーロッパのトップリーグに行くという強いメンタルを持っているか、もしくはロシアリーグで活躍したいっていう気持ちの選手じゃないと厳しい。そういうことをきちんと伝えて、Jリーグのクラブや選手と信頼関係を築いていきたいです」

 ロシアは交渉でイニシアチブを握ろうとする傾向があり、それがJリーグ側に誤解を招きかねない。だが、ロシア人の心情を理解する三枝は、両者のビジネス習慣の違いは必ず乗り越えられると考えている。

 陸上に憧れてロシアに飛び込んだ元サッカー選手が、日露の架け橋になろうとしている。

三枝洋介(さえぐさ ようすけ)

アスリートのヨーロッパ(主にロシア)への移籍に対する交渉・協力や、外国人選手を日本のクラブへ紹介するスポーツ・エージェント&マネージメント業に携わる、「スポーツ・オフィス ユーロ ジャパン」代表の三枝洋介。選手やコーチに対し、ロシアでの練習先や研究先を提供したり、また一流選手やコーチを日本に招聘して日本のクラブ・大学などとの交流を推進したりする事業も行なっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
三枝洋介
FCクラスノダール
ロコモティフ・モスクワ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ