濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

敗北を知り天才少女が蝶となる……。
挫折を乗り越えた神村エリカの成長。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/12/09 08:01

敗北を知り天才少女が蝶となる……。挫折を乗り越えた神村エリカの成長。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

12月2日、TDCホールで行なわれたRISEとM-1MCの合同興行。4カ月ぶりの試合となる神村エリカは16歳にして120戦のキャリアを誇るタイのローマ・ルックブンミーと対戦。3R、TKOで勝利しWPMF世界女子ミニフライ級王座に返り咲いた。試合後、涙ながらに勝利の喜びを爆発させた。

挫折を乗り越え、天才少女は大人へと変貌を遂げる。

 最終ラウンドにローマを大の字にさせた右ストレートは、嫌な展開の中で我慢を重ね、観客のフラストレーションと引き換えにチャンスを待ち続けた結果だろう。これまでにない形で勝てた。過去の自分にはできなかったことができた。だから、涙があふれた。

「本当に辛い一年で……。今回は“なんとか変えなきゃ”っていう試合でした。負けた時の私は、リングで自分を100%信頼できていなかった。でも、今日は練習でやってきたことを信じて、それを出すことができました」

 練習してきたことを出す。そのために自分を信じる。神村の勝因は、いたってシンプルな(ときに軽視されることもある)精神論だった。だが19歳の彼女にとっては、そのことが技術的な成長以上に大事だったのだ。教わったことがなんでもできた“天才少女”は、初めて味わった挫折を経て心を鍛えられた。いわば“大人になった”のである。

 12月30日、神村エリカは20歳の誕生日を迎える。

関連記事

BACK 1 2
神村エリカ
ローマ・ルックブンミー
RENA

格闘技の前後の記事

ページトップ