野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

一戦必勝体制の横浜ベイの救世主?
心を入れ替えて復活した吉村裕基。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/05/11 12:40

一戦必勝体制の横浜ベイの救世主?心を入れ替えて復活した吉村裕基。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月8日の阪神戦でサヨナラホームランを放ち、でんぐり返しでホームインした吉村。チームの雰囲気も明るくなった今季。吉村の無邪気で輝くような笑顔も復活している

昨年オフに囁かれた言葉「もう吉村はダメだろ」。

「もう別人になっちゃったよね。本当は明るくて素直な子なのに、球場で挨拶しても下を向いて素通りしちゃうし、どうしちゃったんだろう」 

 以前から吉村を知る人は、その変貌ぶりに戸惑っていた。

「もう吉村はダメだろ」

 昨年オフ、そんな言葉を何人の横浜ファンから聞いただろうか。それまでの吉村に向けられていた期待はすべて2年目の筒香へと移行したかのように、その名前を聞く機会はパタリとなくなってしまった。

 多村が去り、相川が去り、古木が去り、内川も去った。ベイスターズの未来を背負って立つはずだった彼らと同じように、吉村に懸けた夢もまた露と消えて行くのか。

“ハマの毒舌家”中野渡進氏までが認めた劇的な変化。

 筆者が吉村復活の兆を知るのは、昨年オフ、国分寺でもつ鍋を食べている時だった。

「吉村はやるんじゃねぇの。キャンプで中根さんと一緒にめちゃめちゃ練習してたけど、目の色が全然違ったからな」

 普通の人が褒めるならまだしも、発言の主はベイスターズとケンカしてプロ野球を引退した、毒しか吐かない元横浜の中継ぎ投手であり店主の中野渡進氏である。彼が横浜の選手を褒めるなんて事件と言ってもいい。

 それ以降、吉村の言動に注目し始めた。昨オフから中根コーチと徹底的に新フォームの完成に取り組み、自主トレは取材陣もシャットアウト。大きく足を上げ、フルスイングする従来の豪快なバッティングフォームを捨て、シンプルなスイングにこだわった打撃を求めた。さらに、これまで固執し続けていた本塁打も「捨てる」というようなことまで漏らしている。

 吉村の中で何かが変っている気配はしたが、確信したのはキャンプ中のこんな発言だ。

「昨年は本当に悔しい思いをしたし、このままでは終われない。自分自身、本気で覚悟を決める時がきたと思います。今年も横浜スタジアムのライトスタンドをバックに守りたいです」

 忌避していたライトスタンドを意識したような発言。去年までの吉村の態度を知る人からは信じられないのだが、その覚悟は開幕後に本物であることがわかる。

【次ページ】 ファンサービスでも見違えるような変化を見せた吉村。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉村裕基
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ