SCORE CARDBACK NUMBER

'90年代のカリスマ、
立嶋篤史6年ぶりの再起。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySeiko Kanashiro

posted2009/09/17 06:00

'90年代のカリスマ、立嶋篤史6年ぶりの再起。<Number Web> photograph by Seiko Kanashiro

19歳で全日本キックのフェザー級王者となり、前田憲作とのライバル関係でも注目を浴びた

 K-1やPRIDEがスタートする以前にカリスマだった格闘家といえば? '90年代の格闘技界を知る者ならば、誰もが立嶋篤史の名を口にするだろう。全盛期には“キック界初の1000万プレイヤー”として名を馳せ、大一番ともなれば、5000人規模の会場をフルハウスにするだけの観客動員力を誇っていた。誰と闘っても好勝負になることが多く、リベンジマッチにもめっぽう強かったからだ。

 立嶋は情念の男でもあった。元いじめられっ子で、負のパワーをプラスに転じる能力にも長けていたのだ。「許されるならば、対戦相手を後ろからナイフで刺してやりたい」といった問題発言で、我々の心を何度えぐったかわからない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2010W杯予選特集南米 サッカー大国の宿命。

関連記事

立嶋篤史

格闘技の前後の記事

ページトップ