SCORE CARDBACK NUMBER

パーマーのプレーにはアメリカの夢があった。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2006/11/23 00:00

 シニアのチャンピオンズ・ツアーに参加していたアーノルド・パーマーがついに引退を表明した。77歳だった。

 パーマーは、エルビス・プレスリー、マリリン・モンローと比肩する、1960年代のアメリカを代表するスーパースターだった。その人気は凄まじく、一時は「大統領選挙に立候補すれば、間違いなく当選する」といわれたほどである。

 パーマーがスターへの階段を駆け上がるに当たっては、テレビという媒体の登場が大きかったと思う。マスターズが初めてテレビ中継されたのは1956年。それまでゴルフの映像は、映画館のニュースでしか見ることができなかった。パーマーのデビューとその後の活躍は、テレビの隆盛期と歩みを同じくするのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[彼らは何故、安住の地を捨てたのか]越境秘話。
アーノルド・パーマー

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ