格闘技PRESS 

少林寺にて、武僧として生きること。3年に及ぶ撮影で目撃した超人の世界。

少林寺にて、武僧として生きること。
3年に及ぶ撮影で目撃した超人の世界。

格闘技PRESS

2010年9月。撮影許可申請の最初のコンタクトは、友人の紹介による共産党ルートであった。続きを読む

大串祥子Shoko Ogushi

2017/01/12

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。Jrヘビー級の明るい未来への招待状。

格闘技PRESS

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。
Jrヘビー級の明るい未来への招待状。

「あの頃のスーパーJカップとは違うのは当然だと思います」8月21日。有明コロシアム。優勝ガウン・ジャケットを着たKUSHIDAは、I… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/25

G1クライマックス、26年目の変貌。優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

格闘技PRESS

G1クライマックス、26年目の変貌。
優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

「予想外れたなあ。昨日はテレビ見てたよ」8月14日、試合前。いつもの夏のように両国国技館の記者室に姿を見せたG1クライマック… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/17

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

格闘技PRESS

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。
乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

オカダ・カズチカには、その身体能力に任せてこともなげに試合を進める、というイメージがある。チャンピオンの戦い方だと言って… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/10

G1クライマックスも「トランキーロ」。“あっせんなよ”内藤哲也の代理業。

格闘技PRESS

G1クライマックスも「トランキーロ」。
“あっせんなよ”内藤哲也の代理業。

内藤哲也。この男、なんだかわからない。長めのスペイン語の名前の軍団を率いている。 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/02

26年目のG1クライマックス。棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

格闘技PRESS

26年目のG1クライマックス。
棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

勝てないエースがいる。思うように勝てないエースがいる。棚橋弘至。昨年のG1クライマックス優勝者だ。 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/07/27

井岡一翔、完勝でフライ級初防衛。打たせず打つ戦術は“リングの解剖学”。

格闘技PRESS

井岡一翔、完勝でフライ級初防衛。
打たせず打つ戦術は“リングの解剖学”。

WBA世界フライ級王者の井岡一翔(井岡)が初防衛に成功した。27日、大阪エディオンアリーナで行われた防衛戦は、同級10位の挑戦… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/09/28

相手が強い程、山中慎介も強くなる。V9のモレノ戦で引き出された“新技”。

格闘技PRESS

相手が強い程、山中慎介も強くなる。
V9のモレノ戦で引き出された“新技”。

WBC世界バンタム級タイトルマッチが22日、大田区総合体育館で行われ、王者の山中慎介(帝拳)が挑戦者2位のアンセルモ・モレノ(… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/09/24

山中慎介、V9モレノ戦は最大の試練。互いのペースを奪い合う神経戦必至。

格闘技PRESS

山中慎介、V9モレノ戦は最大の試練。
互いのペースを奪い合う神経戦必至。

パナマの英雄アンセルモ・モレノは、何となく山中慎介に似ていた。試合までちょうど1週間に迫った9月15日、帝拳ジムで行なわれた… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/09/21

49連勝目をあげ、改めて引退を宣言。最後まで己を貫いたメイウェザー。

格闘技PRESS

49連勝目をあげ、改めて引退を宣言。
最後まで己を貫いたメイウェザー。

引退を表明していた現役最高ボクサー、フロイド・メイウェザーが12日(日本時間13日)、ホームグラウンドのラスベガスMGMグラン… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/09/14

メイウェザー、49戦目の“最終戦”。勝敗よりも勝ち方、そして「その後」。

格闘技PRESS

メイウェザー、49戦目の“最終戦”。
勝敗よりも勝ち方、そして「その後」。

「もう戦うべき相手がいなくなった」1955年9月のことである。イタリア系米国人の世界ヘビー級王者ロッキー・マルシアノがライト… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/09/03

とことん熱かったG1クライマックス。新時代の新日本プロレスを徹底検証!

格闘技PRESS

とことん熱かったG1クライマックス。
新時代の新日本プロレスを徹底検証!

私はふだん「Number Web」では「月刊スポーツ新聞時評」を書かせてもらっているのですが、そもそも新聞や雑誌の読み比べがクセに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/08/18

村田諒太がメイウェザーに会った日。2014年の5月1日、2015年の5月1日。

格闘技PRESS

村田諒太がメイウェザーに会った日。
2014年の5月1日、2015年の5月1日。

ちょうど1年前の2014年5月1日――。ボクシングミドル級のロンドン五輪金メダリスト、村田諒太はプロ4戦目に向けた合宿で“聖地”… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/05/12

長谷川穂積、“予想外”の復帰戦。「打たせない」に徹したこの男は強い。

格闘技PRESS

長谷川穂積、“予想外”の復帰戦。
「打たせない」に徹したこの男は強い。

長谷川穂積(真正)が9日、神戸市立中央体育館のリングに上がり、無敗の世界ランカー、オラシオ・ガルシア(メキシコ)に大差判… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/05/11

メイウェザー・パッキャオ時代の終焉。祭りのあとに響く次世代の足音。

格闘技PRESS

メイウェザー・パッキャオ時代の終焉。
祭りのあとに響く次世代の足音。

祭りは終わった─―。5月2日(日本時間3日)、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われたフロイド・メイウェザー… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/05/08

10度の防衛全てが日本開催の憂鬱。内山高志に世界のスターとの戦いを。

格闘技PRESS

10度の防衛全てが日本開催の憂鬱。
内山高志に世界のスターとの戦いを。

内山高志(ワタナベ)が6日、大田区総合体育館のリングで、WBAスーパーフェザー級タイトルの10度目の防衛を成功させた。 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/05/07

試合後に井岡一翔はなぜ涙を流した?3階級制覇の陰にあった焦りと重圧。

格闘技PRESS

試合後に井岡一翔はなぜ涙を流した?
3階級制覇の陰にあった焦りと重圧。

サラブレッドと言われ続けた男の目に涙が光った――。 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2015/04/23

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。山中慎介の「神の左」を支える名脇役。

格闘技PRESS

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。
山中慎介の「神の左」を支える名脇役。

いつもとは違う“山中劇場”だった。「神の左」でブッ倒すラストシーンは同じでも、異なるストーリーが待ち受けていた。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/04/17

あるプロレスラーの死地彷徨――。ヨシタツに降りかかった不運と幸運。

格闘技PRESS

あるプロレスラーの死地彷徨――。
ヨシタツに降りかかった不運と幸運。

ヨシタツというプロレスラーをご存知だろうか。本名は山本尚史(なおふみ)。2002年3月に新日本プロレスに入門し、同年10月にデ… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2015/02/08

映画『プロレスキャノンボール』で、レスラーたちが実現した奇跡とは?

格闘技PRESS

映画『プロレスキャノンボール』で、
レスラーたちが実現した奇跡とは?

プロレス団体DDTがドキュメンタリー映画を作った。タイトルは『劇場版プロレスキャノンボール2014』。プロレスラーたちがチーム… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2015/02/08

1 2 3 NEXT >>

ページトップ