ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

野球と生きる――。多田野と榎下が
ファイターズで歩む第二の人生。

posted2018/08/03 11:15

 
野球と生きる――。多田野と榎下がファイターズで歩む第二の人生。<Number Web> photograph by Hokkaido Nippon-Ham Fighters

多田野(左)はアメリカで2年、日本ハムで7年プレー、通算18勝20敗。榎下は'11年入団。5年間で35試合に登板し、通算2勝1敗。

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph by

Hokkaido Nippon-Ham Fighters

 野球と生きる――。

 プロ野球、北海道日本ハムファイターズに身を賭す。

 2018年。ニューフェースが2人、加わった。

 弊球団のスタッフなので以下、敬称略で表記させていただくことを、まずお断りしておく。

 多田野数人と榎下陽大。OBの2人である。

 現役時代はチーム内からは野球への姿勢、誠実さに対して一目置かれていた。その人間力が溢れるプレースタイルで、ファンの方々にも、こよなく愛された投手だった。

 今年1月から、チーム統轄本部に配属された。

 ゼネラルマネジャー(GM)を頂点として編成の全権を担う部門である。今シーズン、また未来も含めてチームの命運を握っているのが同本部である。野球を生業とするプロ野球球団が成立するための絶対的な根幹が、ここにある。

松坂世代と斎藤世代、2人の仲間が。

 いわゆる「松坂世代」で38歳の多田野はプロスカウト。チームメートだった斎藤佑樹投手と同い年30歳の榎下は、国際グループの一員に着任した。ともに昨シーズン限りで現役生活に区切りをつけ、編成部門の要職を託されたのである。

 野球に明るい方々であれば、2人のキャリアに関しては熟知していると推察する。説明不要と想定して、本コラムを進める。

 部署は違うが、新しい仲間の近況報告とする。

【次ページ】 珍しい「プロスカウト」という仕事。

1 2 3 4 5 NEXT
多田野数人
榎下陽大
山田正雄
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ