松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹とウッズが初の同組に。
全英は「創造性」の勝負になる。

posted2018/07/19 07:00

 
松山英樹とウッズが初の同組に。全英は「創造性」の勝負になる。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

伝統の全英オープンに臨む松山英樹。タイガー・ウッズと同組でのラウンドは、日本のゴルフファンとしては見逃せない。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 全英オープン開幕を控え、公式会見に臨んだタイガー・ウッズは終始、にこやかだった。

 2015年以来、3年ぶりに全英オープンに出場するウッズ。腰の手術を受け、戦線離脱していた間は「テレビで全英オープンを見ていた。もう二度と全英オープンで戦うことができないかもしれないと思った時期もあった」と明かしたウッズは、大会に復帰できたことだけでも「今はとてもうれしい」。自ずと表情は明るくなる。

 今年の全英オープンの舞台はスコットランドのカーヌスティ。全英オープン開催コースのローテーションの中で「最難関のリンクス」と言われている。

 ウッズにとってのカーヌスティは思い出の地だ。1995年のスコティッシュオープンにアマチュアとして出場したとき、その舞台がカーヌスティだった。

「僕はリンクスが大好きだ」。当時からウッズはリンクスのゴルフに惚れ込んでいた。

「リンクスで求められるのは、飛距離よりクリエイティビティ。だからこそ、59歳のトム・ワトソンがターンベリーで優勝争いに絡み、グレッグ・ノーマンがバークデールで奮闘できたんだ」

 42歳の自分にも優勝のチャンスと可能性は十分にある――ウッズはそう感じているのだと思う。

クラブ選択にバリエーションが。

 ウッズが言う「クリエイティブなゴルフ」とは、たとえばクラブ選択のバリエーションを指す。

 今年のカーヌスティは大会前に降雨が少なかったことや、例年以上に日照りが強かったこともあって「グリーンよりフェアウェイのほうが固く速い」とウッズは指摘する。

「フェアウェイでは60、70、80ヤードぐらい転がるからドライバーはあまり使わない。4番、5番アイアンあたりで打っても60ヤードぐらい転がるから、フェアウエイをキープするのは大変だ」

【次ページ】 パターをいかに駆使するかの競い合い。

1 2 3 4 NEXT
松山英樹
タイガー・ウッズ

ページトップ