プロ野球PRESSBACK NUMBER

一軍を経験し「このままじゃだめ」。
西武・金子一輝が痛感した走塁力。

posted2018/07/12 13:30

 
一軍を経験し「このままじゃだめ」。西武・金子一輝が痛感した走塁力。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

金子一輝は5月12日の千葉ロッテ戦で途中出場しプロデビューを飾った。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 5月22日のソフトバンクホークス戦。スタンドに飛び込んだ打球に気づいた金子一輝は、大きな目を丸くしながらダイヤモンドを一周した。プロ初ヒットを初ホームランで飾る派手なデビューを飾った金子一輝は、そのときをこう振り返った。

「あれは本当にたまたまですよ。奇跡ですって。あの球が来て、あのタイミングで打っていなかったらホームランにならなかった。あの打席はプロに入って初めての試合で、だから自分のスイングをしようとしか考えていなかったので」

 金子一輝は現在、再昇格を目指して二軍で自分の課題と向き合っている。

 初めての一軍昇格、一軍の試合、一軍の投手との対戦を経験したからこそ、わかった課題も多いと目を輝かせて語る。

「攻走守、すべての面において課題が見つかりました。今はその課題をひとつひとつ、つぶしているところです。まず打撃で感じたのは、甘いボールが来ないのでとにかく1球で仕留めることが大事です。

 以前までは2ストライクを取られた後も、それまでと同じように何も変えずに振っていたんです。特に意識をしなくても対応はできていたので、それを続けていました」

一軍を経験し「このままじゃだめだな」。

 今年、金子一輝はイースタンリーグの開幕からヒットを量産し、一時は首位打者に躍り出る時期もあった。

「でも一軍の打席を経験して、自分の中で意識の変化がありました。どう対応していくかということを考えるようになりました。プロ入り最初の打席でフォークボールを三振したんです。当たると思って振ったら当たらなかったんです。このままじゃだめだなって思いましたね。

 一軍の投手の変化球の精度や切れを考えて、追い込まれてからは、少し右方向を意識するようになりました。そういう意識の変化を持たないと、追い込まれてしまったらもうヒットを打てないな、と」

【次ページ】 一時的に三振が増えるとしても。

1 2 3 4 NEXT
金子一輝
埼玉西武ライオンズ

ページトップ