スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

NBAファイナルはアッサリと終了。
異次元だったKD、レブロンの握手。

posted2018/06/12 17:30

 
NBAファイナルはアッサリと終了。異次元だったKD、レブロンの握手。<Number Web> photograph by Getty Images

レブロン・ジェームズは孤軍奮闘でチームを支え続けたが、ウォリアーズから1勝をもぎ取ることはできなかった。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 NBAファイナルが、アッという間に終わってしまった。

 とても、さびしい。

 もうちょっと見ていたかった、というのが私の本音だ。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズの顔合わせは4年連続で、これまではGS、CLE、GSと勝者が入れ替わっていたが、今年はウォリアーズが“Sweep”、4連勝で幕を下ろしてしまった。

 アッという間だったプレーオフをちょっと振り返ってみると……。

レブロンにシンパシーを感じたあの握手。

 レブロン・ジェームズには、これまであまりシンパシーを感じたことはなかった。とにかく、アスリートとして「恵まれ過ぎている」というのが私の印象だった。

 しかし、今回はじめてシンパシーを感じた瞬間があった。

 キャブスが瀬戸際に追いつめられた第4戦、地元でのウォリアーズの優勝はなんとしても阻止したいところだったが、第3Qからウォリアーズがスパート。レブロンの力でもどうにもならない状況になっていた。

 そして試合終盤、残り4分3秒の時点でレブロンはベンチに下がることになった。

 白旗、降参。

 このときのレブロンが、とてもスマートだった。4年にわたって覇権を争ってきたウォリアーズの面々と握手を交わした。淡々とした表情で、敗北を受け入れた潔さがにじみ出ていた。

 いい年齢の重ね方をしているな、と思った。負けたスーパースターの姿というのは、なかなか味わい深い。

レブロンは来季どこへ?

 シーズンが終わっても主役はレブロンのままだ。レブロンはFAになるので、その行方が注目されているというわけ。キャブスに残留する選択肢もあるが、ラスベガスのオッズメーカーは以下の順番で予想をしている。

1 レイカーズ
2 ロケッツ
3 76ers
4 キャバリアーズ
5 スパーズ
6 ウォリアーズ
7 クリッパーズ
8 ヒート

【次ページ】 ウォリアーズ移籍はないだろうが……。

1 2 3 NEXT
レブロン・ジェームズ
ステフィン・カリー
ケビン・デュラント
クリス・ポール
ゴールデンステート・ウォリアーズ
クリーブランド・キャバリアーズ

ページトップ