ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

ケニー・オメガが新日の“横綱”に。
WWEを経ずに目指す「世界一」とは。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/06/13 11:00

ケニー・オメガが新日の“横綱”に。WWEを経ずに目指す「世界一」とは。<Number Web> photograph by Essei Hara

絶対王者オカダ・カズチカからIWGPを奪い取ったケニー・オメガ。新日本のエースとして世界に羽ばたく。

飯伏らとともに“WWEが頂点”を覆す!

 いま、ケニーの横には、盟友・飯伏幸太がいる。そして新IWGPタッグ王者のヤングバックスがいる。彼ら“ゴールデンELITE”は、単なるユニットではない。同じ価値観、思想を持った者たちの共同体だ。

 ケニーはかつて、WWEの傘下団体DSW(Deep South Wrestling)に所属しながら、「WWEでは自分が本当にやりたいことを実現できない」と悟って日本を目指し、いまIWGPヘビー級王者になった。

 飯伏幸太も、WWEからの熱烈オファーを蹴って、自分のプロレスを追求することを決めた。そしてヤングバックスは、いまや非WWEのカリスマ的な世界トップの人気タッグチームだ。

 世界中のレスラーが目指す頂点であるWWEをあえて目指さないことを決めた男たち。

 団体の規模や収益は、たしかにWWEが世界一かもしれない。でも、選手の質や試合内容は別だ。自分たちがベストであることを世界で証明し、“WWEが頂点”という常識を覆す。俺たちにはそれができる。

 試合後のケニーのマイクは、そんな宣言が込められていた。

「ケニー・オメガは(IWGPヘビー級)チャンピオンで、ヤングバックスはタッグチャンピオン、飯伏さんとは最強のイケメンタッグチームパートナー(笑)。(このメンバーなら)何でもできそう。だから、みんな一緒に頑張ろう!」

関連コラム

BACK 1 2 3 4
新日本プロレス
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ

ページトップ