酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

大谷翔平はMLBで2番目に速い投手?
球種・投球回ごとに分析してみると。

posted2018/04/24 07:00

 
大谷翔平はMLBで2番目に速い投手?球種・投球回ごとに分析してみると。<Number Web> photograph by AFLO

またたく間に全米をフィーバーに巻き込んだ大谷翔平。二刀流に懐疑的だったコラムニストが公式謝罪するという珍事件も起こった。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

AFLO

 大谷翔平がMLBにデビューして、そろそろ3週間。新年度が始まったばかりの読者各位にも、そろそろ「メジャーリーガーOhtani」との付き合い方がわかってきたのではないか。

「投手大谷劇場」は週1回、「打者大谷劇場」は週3回程度、テレビで見れなくてもメディアは逐一速報してくれるから、仕事をしながらも一喜一憂できる。

 それにしても、ここまでMLB中継でドキドキしたのはいつ以来だろうと思う。イチローやダルビッシュや田中将大もいろいろ楽しませてくれたが「何をするのかわからない」ドキドキ感は、野茂英雄以来かもしれない。

 思えば1995年、野茂英雄がドジャースに移籍してから、私たちは「朝、野球でドキドキする」楽しさを知ったのだった。この年、NHKのBS放送加入者は大幅に伸びたというが、さもありなんと思う。

 さて、投手大谷翔平について細かく見ていきたいと思う。直近のレッドソックス戦は、マメがつぶれて2回で降板した。本来の投球ではないので除外し、アスレチックスとの2試合に焦点を当てたい。

2試合の数字を見ていくと……。

 まずはトータルの数字(空振りにはファウルチップを含む)。データはMLB公式サイトを参照した。

〇4月1日 アスレチックス戦 勝ち投手

6回3被安打1被本塁打自責点3 6奪三振1与四球
92球 ストライク63球 ストライク率68.5% 空振り18球
平均球速 143.84km

〇4月8日 アスレチックス戦 勝ち投手

7回1被安打自責点0 12奪三振1与四球
91球 ストライク59球 ストライク率64.8% 空振り25球
平均球速 144.84km

 8日の試合の方が内容ははるかに良かったのだが、ストライク率は下がっている。2度目の対戦とあって、各打者はボールをよく見たのだ。そして平均球速はほぼ変わらない。これは意外だ。しかし、球種別に見ていくと、そのからくりが見えてくる。

【次ページ】 2試合目に増えたスプリッター。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ