イチ流に触れてBACK NUMBER

“外野”の喧騒に欠けている視点。
GM・監督が語るイチロー効果とは?

posted2018/04/25 11:30

 
“外野”の喧騒に欠けている視点。GM・監督が語るイチロー効果とは?<Number Web> photograph by Getty Images

4月22日は久々の右翼で先発出場。3打数2安打2四球と結果を残している。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

“外野”がうるさい状況が続いている。

 同業を“外野”扱いするのはフェアではないと思うものの、過剰な反応、感情的な表現が多い。

 なんのことかと言えば、シアトルの地元紙『シアトル・タイムズ』のイチローに関する報道である。

 4月22日。マリナーズは右広背筋を痛め、故障者リストに入っていた先発右腕エラスモ・ラミレスを復帰させた。それに伴いマイナーに降格したのは外野手のギジェルモ・エレディアだった。ここまで打率.310、出塁率と長打率を足したOPSは.968をマーク。強肩、好守の27歳の伸び盛りを3Aに送ったことで同紙は「マリナーズは何を考えているのか。非論理的だ」と痛烈に批判した。

 何が非論理的なのか。

 彼らは、エレディアをマイナーに送り、打率.250、OPS.539(4月23日現在)の44歳・イチローをロースターに留めたことを「非論理的」だと評しているのだ。

なぜ成績が上の選手をマイナーへ!?

 確かに数字は、上記したとおり、全てエレディアが上だ。

 正論とも言える。

 だが、ここはメジャーリーグの世界である。契約書の力が物を言うことを忘れてはならない。

 イチローをロースターから外すことは、彼をFAにすることになる。その一方で、エレディアはマイナー落ちしても球団に拘束権がある。

 結果を残してきたエレディアには気の毒だが、メジャー時代の川崎宗則、青木宣親がどれだけの不遇を味わってきたことか。それと全く同じ話なのである。

【次ページ】 イチローによる、チームの明らかな変化とは?

1 2 3 NEXT
シアトル・マリナーズ
イチロー
ディー・ゴードン
スコット・サービス
ロビンソン・カノ
ネルソン・クルーズ
ジーン・セグラ
ギジェルモ・エレディア
エラスモ・ラミレス

ページトップ