プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

ザ・グレート・ムタと武藤敬司が休業!
人生最後のムーンサルト・プレスを。

posted2018/03/29 10:45

 
ザ・グレート・ムタと武藤敬司が休業!人生最後のムーンサルト・プレスを。<Number Web> photograph by Essei Hara

グレート・カブキは完全に引退し、ムタの姿まで見られなくなってしまって……毒霧の技の系譜はどうなる?

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「階段を見ると、すぐにエレベーターを探してしまうんだよ」

 武藤敬司のヒザはそのくらい悪い。武藤が普段、歩いている姿を見ていると、よくこれでリングに上がれるなあ、と思ってしまうほどだ。その化身であるザ・グレート・ムタも当然、ヒザが悪い。

 15年以上前だろうか、武藤に聞いたことがある。

「カメラに向かってシャイニング・ウィザードができるかな?」

 返事は「できない」だった。

「歩くのも大変」と言いながら……飛ぶ男。

 当時でも、ガチガチにテーピングをして、リング上で大勢のファンに見られているからこそ、その「勢い」でやっていたのだ。普段の状態からいきなりシャイニング・ウィザードを、たとえ「格好だけ」でも繰り出すことは、その頃からもう不可能になっていた。

 それくらい武藤のヒザは壊れていた。

「歩くのも大変ですよ」

 といつも言うわりには、武藤はリングに上がれば、その悪化したヒザを使ったシャイニング・ウィザードを繰り出して、さらにヒザに負担がかかるはずのムーンサルト・プレスまでやってのけていた。

 プロレスラーの性なのだろう。

 リングに上がって、ライトに照らされて、観客の視線を浴びる。熱い声援が飛ぶ。その効果に、動けないはずの自分の体が自然に動いてしまうのだ。そんな馬鹿な――と多くの一般の方々は思うかもしれないが、この類のことは何度も見てきており、本当に事実なのである。

 だが平成30年、そんな武藤のヒザは、ついに限界に達してしまったようだ。

【次ページ】 武藤とムタ、ついにリングを去る!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武藤敬司
グレート・ムタ
アントニオ猪木
新日本プロレス
DDT
天龍源一郎

ページトップ