オリンピックPRESSBACK NUMBER

スノボ界の快挙に日本中が大興奮!
平野歩夢、USオープン優勝の背景。

posted2018/03/13 17:30

 
スノボ界の快挙に日本中が大興奮!平野歩夢、USオープン優勝の背景。<Number Web> photograph by Kai Tokuhara

89.62の高得点で優勝した平野歩夢。2位の片山來夢(86.75/写真右端)、3位のスコッティ・ジェームズ(83.62)と表彰台で喜びを分かちあった。

text by

徳原海

徳原海Kai Tokuhara

PROFILE

photograph by

Kai Tokuhara

 3月10日、スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢が「USオープン」で初優勝を飾った。決勝3本目の“ウイニングラン”を終えた直後、駆け寄る関係者やライダー、ジャーナリストたちから小さな体をもみくちゃにされながらめずらしく満面の笑顔をこぼした。

「ここ2~3年かけて、確実にトップを取るための準備をしてきたことが自分の中で大きな自信になっていますし、それをこの大会でしっかり繰り出すことができました」

 メディアルームでの第一声にも達成感が滲んだ。約1カ月前の平昌五輪では金メダルに相応しいハイスコアを叩き出しながら、惜しくもショーン・ホワイトのラストランがそれを上回った。

 雪辱を期す思いというのは言葉にせずとも当然あったはずで、その一方、五輪イヤー特有のハードな転戦を勝利でフィニッシュできた安堵もあったのだろう。いずれにせよ、平野歩夢は考えうる最高の形で今シーズンを締めくくった。

平野が制したのは、世界最高レベルの舞台。

 さて、そんな平野歩夢の快挙を振り返る上で、USオープンの規模についても触れておく必要があるだろう。

 毎年3月上旬にアメリカ・コロラド州ベイルで開催され、今年で37回目を迎える伝統の大会は「Xゲームズ」と並ぶ最高峰の舞台と位置づけられており、またスノーボードのトップブランドであるアメリカのバートン社が主催していることも、世界中のトップライダーたちからリスペクトされる理由だ。

 五輪直後のハードスケジュールにもかかわらず、ともに17歳で金メダルを獲得した女子ハーフパイプのクロエ・キムと男子スロープスタイルのレッド・ジェラード、女子スロープスタイルを制したジェイミー・アンダーソン(以上アメリカ)、女子ビッグエアの初代女王となったアンナ・ガッサー(オーストリア)ら平昌のメダリストたちがこぞって出場したことも、そのタイトル価値の高さを実証している。

 また平野の出場した男子ハーフパイプも、銅メダルのスコッティ・ジェームズ(オーストラリア)や同4位のベン・ファーガソン(アメリカ)をはじめ、ショーン・ホワイトを除いた五輪トップ10が集結。まさに“平昌・第2ラウンド”の様相を呈した。

【次ページ】 選手生命の危機を乗り越えて――。

1 2 3 NEXT
平野歩夢
ショーン・ホワイト
片山來夢
クロエ・キム
レッド・ジェラード
ジェイミー・アンダーソン
アンナ・ガッサー
ベン・ファーガソン
スコッティ・ジェームズ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ