ラグビーPRESSBACK NUMBER

サンウルブズは「ロマンより勝ち点」。
観客がトライを求めて騒然としても。

posted2018/02/26 11:40

 
サンウルブズは「ロマンより勝ち点」。観客がトライを求めて騒然としても。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

サンウルブズは、前半終了時点を4点リードで折り返した。後半に逆転を喫したとはいえ、世界との距離は確実に縮まっている。

text by

永田洋光

永田洋光Hiromitsu Nagata

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 2019年W杯に向けた日本代表強化の一環として結成されたサンウルブズが、スーパーラグビーに加わって3シーズン。24日に迎えた今季開幕戦は過去2シーズンとは違って、秩父宮ラグビー場に集った観客が、最後まで勝利に期待を抱いたゲームだった。

 後半28分にオーストラリアの強豪ブランビーズにトライを追加され、22-32とスコアを広げられて勝利が遠のいても、残り90秒でサンウルブズがスクラムから相手ボールを奪って反撃するや、最後にトライを見たい1万4614人は、声をからして15人の男たちを励まし続けた。

 ピッチ上の15人も、声援に応える。

 まず、この試合で2トライを挙げてスーパーラグビー・デビューを飾ったWTBホセア・サウマキが、力強いボールキャリーでハーフウェイラインを越える。

 そして、ボールを継続。

 残り30秒で左に展開し、ふたたびサウマキにボールを持たせて22メートルラインを突破。

 途中出場のCTBシオネ・テアウパがゴールラインまであと5メートルに迫ったところで場内にサイレンが鳴り響き、反則以外でゲームが途切れれば試合が終了することを告げる。

場内はトライを求めて騒然。

 それでも、サンウルブズは、攻め続ける。

 こちらもこの試合がスーパーラグビー・デビューのLO姫野和樹が、ゴールラインまであと1メートルと迫る。が、ボールは密集に呑み込まれて出てこない。

 ニュージーランド人のレフェリー、ポール・ウィリアムズの右手が斜めに上がり、サンウルブズにペナルティキックが与えられる。

 点差は10点。

 今さらトライを奪っても勝敗は覆らない。だが、場内はトライを求めて騒然としている。

 サンウルブズは、冷静だった。

 最後にトライを奪ってゲームを終えるロマンチックな結末ではなく、PGの3点を獲得して7点差以内負けに与えられるボーナスポイントを確実に稼ぐ、現実的なオプションを選択した。

【次ページ】 メンバー選びにも見える現実路線。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
サンウルブズ
ジェイミー・ジョセフ
流大

ページトップ