Number ExBACK NUMBER

ホリエモン万博の「泥仕合」って!?
素人の試合で……人間ドラマを実感。 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byYumika

posted2018/02/09 16:30

ホリエモン万博の「泥仕合」って!?素人の試合で……人間ドラマを実感。<Number Web> photograph by Yumika

グローブも防具も大きく、腹も出てるし、体力も無い……だが、懸命にパンチを繰り出す姿には何かがある!

「やっぱり、そんなに殴られてました?(笑)」

 2ラウンド目も3ラウンド目も同様の展開だった。

 山野選手はボコボコに殴られ、鼻血を出し、2度のスタンディングダウンを取られた。KO寸前なのは明らかなのに、懸命に手を出し続ける。試合終了直前には、左右のフックをヒットさせた。

 もちろん判定の結果は龍彦選手の勝利。それでも、爽やかなお辞儀とともにリングを去った山野選手に、大きな拍手が贈られた。

 試合後の会場通路で、真っ赤に顔を腫らした“ハイパー営業マン”に、話を訊いた。

 経験もなく、一方的に殴られる展開。

 それでもなぜ、反撃できたのですか?

「いや、リングの上に立ったら緊張で何も聞こえなくなって、ほとんど覚えてないんですよ。でも、試合中にふと『手数出せ!』というセコンドの声だけが耳に入って、勝手にパンチが出ただけです。やっぱり、そんなに殴られてました?(笑)」

「営業の仕事にも役立つと思うんです」

 きつい、痛い。本業があるにも関わらず、なぜ、こんなに本格的な格闘技イベントに参戦したんですか?

「出ることが決まるまでは、やってみたいなぁ程度の考えだったんですけどね。実際にリングに立ってみたら、言葉にならないほど気持ちよかった。

 今、30歳。普通のボクサーならもう引退を考える年齢ですけど、またやりたいなと思いました。営業の仕事にも役立つと思うんです。

 試合までの1カ月半は酒もラーメンも断って、ストイックにトレーニングした。こうやって鍛えたメンタルが、仕事に活かせるかなって」

【次ページ】 リングを降りた社長に、社員が駆け寄る感動シーン。

BACK 1 2 3 4 NEXT
堀江貴文

ページトップ