野球クロスロードBACK NUMBER

田中将と自主トレの楽天・藤平尚真。
新フォームで2年目の覚醒、見えた!

posted2018/02/06 11:30

 
田中将と自主トレの楽天・藤平尚真。新フォームで2年目の覚醒、見えた!<Number Web> photograph by Genki Taguchi

今季から、常時セットポジションで投げることにした藤平。田中からのアドバイスで、先発ローテ定着を狙う。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

 セットポジションから軸足にしっかりと体重を乗せる。そして、左足をほんの少し上下に揺らして反動をつけ、その力を過不足なく上半身に伝え、しなやかに右腕を振る。

 キャッチャーミットの弾ける音が、順調な仕上がりを知らせてくれているようだ。

 キャンプ初日からブルペンに入り67球。そこから連日のように投げ込みを行う。楽天の藤平尚真は、充実した表情を浮かべながら現状を語る。

「この時期にフォームを固めないと1年間もたないんで。安定しないと肩やひじに張りが出てしまうから、オープン戦までにはなんとか固めようと思っています」

 自分にとって理想の形を手にするべく、藤平はブルペン以外でもシャドウピッチングやネットスローで再現性を高める努力を続ける。

「右足の軸を固めたほうがいい状態で投げられるんで」

 と言う、その表情は明るい。

コーチの助言で見えてきた「軸足で地面をつかむ投球」。

 まだフォームは固まってはいない。

 だが、徐々に体に染みついてきているのは確かだ。

 投手陣のパフォーマンス向上をサポートする星洋介トレーニングコーチが解説する。

「去年までの藤平は右ひざを回旋させて投げるだけだったので、ボールを投げる際に軸足が地面で滑っていたんです。そうなると、しっかり力がボールに伝わらないのでスピードも出ないし、コントロールも安定しませんから、『軸足で地面をつかむイメージでねばって投げよう』と言っています。フォームの再現性という意味では、現時点で完璧ではありませんけど、よくなってきています」

 まさに「地に足をつけた投球」である。

 その藤平にとって、追い風となっている要素がもうひとつある。

 二段モーションの解禁だ。

【次ページ】 藤平が、さらなる成長のためにとった行動とは?

1 2 3 NEXT
藤平尚真
田中将大
東北楽天ゴールデンイーグルス
小山伸一郎

ページトップ