マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

健大高崎vs.遊学館が熊野で実現!?
センバツまで4カ月、才能を発見。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byMasahiko Abe

posted2017/12/05 07:00

健大高崎vs.遊学館が熊野で実現!?センバツまで4カ月、才能を発見。<Number Web> photograph by Masahiko Abe

健大高崎の山下航汰は、「機動破壊」に深みを加える貴重な長距離砲だ。

橋場洸介、コイツ、いいな……と思わず。

 コイツ、いいな……。

 思わず口に出してしまったほどの打者が、意外な所にいた。

 遊学館高の7番を打っていた橋場洸介(はしばこうすけ/1年・180cm77kg・右投右打)右翼手だ。

 健大高崎高の猛攻にあった直後、先頭打者で左中間を深々と破った打球の伸びがすごい。それ以上に、「このボールだ!」と振り抜いた決然としたスイングに胸を打たれた。

 失敗を怖れない心、いや、失敗なんて考えてもいない無心のパワー。「思い切りのよさ」とは、そういうことだ。

 無死満塁でやって来た次の打席。橋場はベンチをちらりと一瞥しただけで打席に入ると、2球目をやはり渾身のスイングでセンター後方への犠牲フライにしてみせると、さらに次打席でも、速球に詰まりながらも押し返してライト前にライナーで持っていった。

 いいな……と思ったのは、彼がベンチをほとんど気にしないでスイングに集中していたからだ。

 時折り激しい叱咤の声が飛ぶベンチを振り返りもせず、ここは打って返す場面だろ……と考えたら、マウンドの投手だけに意識を集める。

「あいつ、仕事師ですから……1年ですけどね」

 辛口の山本監督が珍しく認めている。

 今日の遊学館打線の中でただ1人、味方ベンチとでなく、相手投手と勝負できていた打者。それが「橋場洸介」だった。

初日に気になった紀南・岡の“その後”をチェック。

 2日間の「フェスタ」があっという間に終わろうとしている。

 どうしても気になって、紀南高校のグラウンドに寄ってみた。昨日の第1試合でこちらの目に飛び込んできた紀南高・岡秀俊遊撃手の“その後”を確かめておきたかった。

 愛知・大府高との試合が始まるところだ。

 守っている岡のアクションに、気のせいか昨日よりずっと躍動感があふれている。長い手足を伸びやかに使って、大きく動こうとしている。それでいて捕球、送球が雑になってもいない。何より、昨日より楽しそうに見える。

 できるじゃないか……。

【次ページ】 “お節介アドバイス”、聞いてくれたのかも。

BACK 1 2 3 4 NEXT
健大高崎高校
遊学館高校

ページトップ