モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

転倒寸前のバイクを起こす超絶技巧!!
MotoGP、マルケス/ホンダの偉業。

posted2017/11/29 08:00

 
転倒寸前のバイクを起こす超絶技巧!!MotoGP、マルケス/ホンダの偉業。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

優勝セレモニーで用意されたサイコロを振ったマルケス……出た目は「6」! 自身6回目の今季優勝を象徴する、笑顔のパフォーマンスとなった。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 MotoGPの2017年シーズンは、24歳のマルク・マルケス(ホンダ)が、アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)と最終戦までもつれこんだ戦いを制し、2年連続4回目のチャンピオンに輝くこととなった。

 最終戦でのタイトル決定のシナリオは「マルケスが11位以上でフィニッシュすれば自力チャンピオンが決まる」というもの。

 そのマルケスを21点差で追うドビツィオーゾは、優勝して、かつ、マルケスが12位以下に終わらなければならないという厳しい条件だった。

 最終戦の舞台となるバレンシア(スペイン)は、マルケスが得意とするサーキット。対してドビツィオーゾは、このサーキットとの相性は良くなく、マルケスが12位以下に終わるよりもドビツィオーゾが優勝する可能性の方が低かった。実際、予選で今季8回目のPPを獲得したマルケスに対してドビツィオーゾは9番手に低迷。マルケスのタイトル獲得はほぼ確実に思えた……。

 しかし、今年最後のグランプリは「レースは何が起こるか分からない」という言葉を感じさせるドラマティックなレース展開となった。

オーバーランで転倒寸前となるも……。

 今季8回目のPPから好スタートを切ったマルケスは、オープニングラップを制し3周目までトップを走るが、それからは、タイトル獲得を意識した走りでヨハン・ザルコ(ヤマハ)を先行させ2番手へと後退する。

 以下、ダニ・ペドロサ(ホンダ)、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)、ドビツィオーゾと続き、この5台がトップグループを形成。大きな動きがないまま周回を重ねた。

 後半の23周目に入ると、ペースの上がらないザルコを交わし、再び、マルケスがトップに浮上する。

 その直後の24周目の1コーナーでマルケスは、「ヨハンの激しいブレーキングを警戒していつもよりブレーキングを遅らせた」ことが災いし、フロントタイヤがスライドしてオーバーラン。転倒寸前の滑りをなんとか回避するも、グラベルに飛び出し、コースに復帰したときには5番手へとポジションを落としていた。

【次ページ】 レース展開に応じて、走りの質を変えたマルケス。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
マルク・マルケス
アンドレア・ドビツィオーゾ
ダニ・ペドロサ
ホルヘ・ロレンソ

ページトップ